東谷要覧解説5(東谷沿革1)

2020年01月06日

いよいよ本編に入ります。本編は前編、主編、後編
の3部構成です。前編は東谷の沿革で日本書紀景
行天皇記の上古の時代から平尾台の事が書かれ
ておりそこに住んでいた土蜘蛛と言われる異民族を
誅したことが書かれています。ちなみに現在のみや
こ町あたりに仮の行宮が置かれたと言われており、
その名残が町名に反映されたともいわれます。時代
は少し下り奈良時代の少し前、飛鳥藤原時代に東
谷一帯(東谷、田川も含むとも言われます)銅を産
したことで今も採銅所の地名が残っています。鎌倉
時代に作られた井手浦の梵鐘には大野庄の文字
が刻まれています。また大野という言葉は今も東大
野神社という名前につながっています。室町時代
後半から戦国時代にかけては山口の大内氏、豊後
の大友氏、筑前の秋月氏さらには島津氏の勢力が
互いに覇を競い小野田氏をはじめ中小の豪族は
その生き残りをかけて必死の活動をしていたころで
す。やがて豊臣秀吉が九州を統一すると毛利氏の
影響下に置かれ一旦は落ち着きますが豊臣家が
滅び徳川の時代になると丹後より細川氏が転封
してくると徳川政権が盤石になるにつけその統治
が進みました。さらに細川氏が熊本に転封後は播磨
より徳川親藩の小笠原氏が入り九州の抑えとして東
谷(当時は小森手永)を含む豊前小倉藩を幕末まで
治めました。


東谷要覧解説5(東谷沿革1)

サムネイルで拡大版をご覧いただけます。


同じカテゴリー(東谷要覧)の記事画像
東谷要覧解説14(主編10産業1米作)
東谷要覧解説13(主編九、衛生)
東谷要覧解説12(主編七教育後半の続き)
東谷要覧解説11(主編(七)教育、後半)
東谷要覧解説10(主編(七)教育、前半)
東谷要覧解説9(主編(五)から(六)
同じカテゴリー(東谷要覧)の記事
 東谷要覧解説14(主編10産業1米作) (2020-08-01 19:28)
 東谷要覧解説13(主編九、衛生) (2020-07-20 10:30)
 東谷要覧解説12(主編七教育後半の続き) (2020-06-08 08:27)
 東谷要覧解説11(主編(七)教育、後半) (2020-05-04 10:33)
 東谷要覧解説10(主編(七)教育、前半) (2020-03-11 22:32)
 東谷要覧解説9(主編(五)から(六) (2020-02-13 20:41)

Posted by メドウおじさん at 20:34│Comments(0)東谷要覧
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。