冬イチゴの季節

2019年11月27日

我が家の庭には自生の冬イチゴが育っています。何処
からか種が来て4、5年前から少量ですが実がなって
います。もっと本格的に増やしたいのですが意外と場所
を選ぶようで庭の他の場所に移してもなかなか定着し
ません。量もジャムを作るほどはないので今のところは
季節の味として実をつまんで生食するぐらいです。種が
コチコチ歯に当たりますが甘酸っぱい味はお好みです。
いちど冬イチゴのジャムを作りたくて,ほかの自生地を
探していますが小さな群落は所々見かけるものの実が
大量になる大群落は見かけません。子供の頃は裏山
に入ると山のように冬イチゴが採れていたのが嘘の
ようです。盗掘とか人為的なものというより山の放置で
山が荒れて里山の環境が変わって自生できなくなっ
たのかもしれません。引き続き増殖の方法をあれこれ
試行していきたいです。

冬イチゴの季節

実がなり始めた冬イチゴです。摘むには少し早いので今週の日曜ぐらいに採取したいと思います。




同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
生豆で自家焙煎
ヒマワリの種の選抜
梅干し2020
骨砕補、届きました。
低塩分梅漬け2020
梅サワー漬け、その後
同じカテゴリー(食べ物)の記事
 生豆で自家焙煎 (2020-09-16 04:01)
 ヒマワリの種の選抜 (2020-09-11 03:01)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)
 骨砕補、届きました。 (2020-07-17 10:46)
 低塩分梅漬け2020 (2020-07-14 20:37)
 梅サワー漬け、その後 (2020-06-30 20:42)

Posted by メドウおじさん at 21:07│Comments(0)食べ物果樹
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。