秋の番茶づくり2019-1

2019年10月23日

8月に紅茶用に茶の木の新葉を刈り込みましたが、
新たに新芽が伸びて来たので秋の番茶を作ること
にしました。私の所では自家用の茶の木の成長具
合で年に3,4回茶葉の採取をしています。春の一
番新茶、春の二番茶でファーストフラッシュの紅茶、
夏の3番茶葉で熟成紅茶を、そして4番茶葉で番茶
とほうじ茶を作ります。4番茶葉はあまり強く刈り込
むと翌年の新茶葉の成長に影響するので軽く刈り
ます。そして冬番茶は庭の自家用の茶の木と周辺
の自生している山茶の茶葉を利用します。
庭の茶の木を含めていずれも無肥料、無農薬です
。茶の木の数が少ないのでわずかしか作れません
が伊勢のムーさんのところのムー茶に近いものだ
と思っています。


秋の番茶づくり2019-1

秋の茶葉です。

秋の番茶づくり2019-1

かれこれ70年以上は経っている茶の木です。


秋の番茶づくり2019-1

摘み取った番茶用の茶葉と小枝です。
この後乾燥させて番茶とほうじ茶に仕上げます。



同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
松葉茶づくり2020
夏紅茶づくり2020
骨折26日目(自家製湿布薬)
梅干しと赤紫蘇のゆかり2020
梅干し2020
百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 松葉茶づくり2020 (2020-09-20 11:11)
 夏紅茶づくり2020 (2020-08-26 09:16)
 骨折26日目(自家製湿布薬) (2020-08-10 10:59)
 我が家の家伝薬(樟脳チンキ) (2020-08-07 10:58)
 梅干しと赤紫蘇のゆかり2020 (2020-08-06 17:05)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)

Posted by メドウおじさん at 21:15│Comments(0)和ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。