ヨモギ茶用の葉の収穫

2019年10月16日

ヨモギ餅などに使用するヨモギは春先のアクの少ない
新葉を利用します。秋の今頃だともう成長して花が咲
いて食用はもちろんのことお茶に使用するのもアクが
強くて使いにくいのですが夏の間に一度刈り込んだ株
はちょうど秋の新芽が伸びて摘みごろです。
秋の新芽は飲用以外にもオイルやアルコールに漬け
てエキスを抽出するにも向いています。ヨモギの和の
香りはリラックス効果もあり食用、飲用以外の用途も
増えています。薬草としても優れているので私は百草
茶(種々の薬草をブレンドしたもの)のブレンド用で使
います。

ヨモギ茶用の葉の収穫

夏に刈り込んだ秋のヨモギの新芽です


ヨモギ茶用の葉の収穫

頂芽近くの村目を摘んで乾燥させてお茶で使います。



同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
松葉茶づくり2020
夏紅茶づくり2020
骨折26日目(自家製湿布薬)
梅干しと赤紫蘇のゆかり2020
梅干し2020
百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 松葉茶づくり2020 (2020-09-20 11:11)
 夏紅茶づくり2020 (2020-08-26 09:16)
 骨折26日目(自家製湿布薬) (2020-08-10 10:59)
 我が家の家伝薬(樟脳チンキ) (2020-08-07 10:58)
 梅干しと赤紫蘇のゆかり2020 (2020-08-06 17:05)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)

Posted by メドウおじさん at 20:39│Comments(0)和ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。