エビヅル(ガラミ)の季節

2019年09月13日

暖地性の野生ブドウ、エビヅルの実が黒紫に色づ
いてきました。エビヅルはこの地方では一部でガラ
ミと呼ばれます。つる性で物に絡みつくのでガラミ
と呼ばれます。実の大きさは直径で5mm~7mm
程度の小さなブドウの実です。実は小さいですが種
は栽培種のブドウと変わらないので生食できる部分
はごくわずかです。可食部は少ないですが甘酸っ
ぱいすっきりした酸味は子供の頃の秋のおやつ
でした。実を利用したジャムやワインを作ってみた
いのですがなかなかまとまった量が採れないので
今だ実現できていません。
ところがこのエビヅル(ガラミ)で作ったワインがあっ
たのです。それも400年も前の出来事です。豊前
(小倉藩)の藩主小笠原公の前の藩主細川公が
ガラミでワインを作らせていたことが肥後藩の古文
書に残されていたのです。それを最近、福岡県は
みやこ町の有志一同がこのガラミを栽培し試験的
にワインを作っているそうです。有志一同は社団
法人小笠原協会を組織し本格的に取り組んでいら
っしゃいます。まだ本格販売には至っていないよう
ですがぜひ一度味わってみたいワインです。




エビヅル(ガラミ)の季節

色づいてきた野生の葡萄、エビヅル(ガラミ)です


エビヅル(ガラミ)の季節

3週間前はまだ緑でした。


エビヅル(ガラミ)の季節

みやこ町の社団法人小笠原協会さんがプロデュースしたガラミワインの試作品です

写真はKBCの番組シリタカからお借りしました。



同じカテゴリー(果樹)の記事画像
梅仕事2020-2
梅仕事2020-1
グーズベリー発見
完全無農薬・無肥料のレモンピール
地元産レモンの梅焼酎漬け
柚子の甘露煮
同じカテゴリー(果樹)の記事
 梅仕事2020-2 (2020-06-16 20:32)
 梅仕事2020-1 (2020-06-09 21:15)
 グーズベリー発見 (2020-05-24 08:10)
 完全無農薬・無肥料のレモンピール (2020-04-22 21:52)
 地元産レモンの梅焼酎漬け (2020-04-10 19:50)
 柚子の甘露煮 (2020-02-26 20:32)

Posted by メドウおじさん at 20:53│Comments(0)果樹
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。