豊前ジビエセンター

2019年08月13日

毎年お盆に豊前にお墓参りして帰りに道の駅に寄る
のが恒例になっています。今回はイチジクのトヨミツ
姫を求めたかったのですが午前中で売り切れてしま
ったそうです。今年はイチジクの入荷が少ないそう
です。それでいつものようにアサリ飯を買って帰ろう
としてふと見ると猪と鹿のジビエ肉を販売していまし
た。加工は豊前ジビエセンターという豊前市が運営
している加工所です。
みやこ町の「寄ってこ四季犀館」もそうですが京築
地域は獣害がひどく豊前市も野生猪・鹿の食肉加
工を始めたようです。この日はつい先日、四季犀
館で猪肉を求めたばかりでしたので買いません
でしたがそのうち購入してみようと思っています。
今は有害駆除個体処理という面が大きいですが

それでも広く野生肉の認知が広がるのは良いこ

とだと思います。本当は協生理論の野生肉の

有用性が広く理解されるのがベストですが、まず

は第一歩だと思います。
 

豊前ジビエセンター

スライス肉だけでなくブロック肉も扱っておられます。



同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
生豆で自家焙煎
ヒマワリの種の選抜
梅干し2020
骨砕補、届きました。
低塩分梅漬け2020
梅サワー漬け、その後
同じカテゴリー(食べ物)の記事
 生豆で自家焙煎 (2020-09-16 04:01)
 ヒマワリの種の選抜 (2020-09-11 03:01)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)
 骨砕補、届きました。 (2020-07-17 10:46)
 低塩分梅漬け2020 (2020-07-14 20:37)
 梅サワー漬け、その後 (2020-06-30 20:42)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。