夏紅茶づくり2019-2

2019年07月31日

発酵が進むにはある程度湿度が必要でビニールの袋
に入れて一昼夜縁側の温度が高い場所で保管しました
。狙い通り発酵が進んでいい感じなのですがあまり水分
が多すぎると発酵を通り越して腐敗に進みそうなので
ざるに広げて続けて乾燥、発酵を進めることにします。
発酵が進みやすいようにざるに広げる前に袋ごと良く
揉んで広げます。今までの経験で初めの3日で発酵が
ある程度進まないとその後がうまくいきません。今回も
あと2日が勝負です。

夏紅茶づくり2019-2

ビニール袋に入れて一昼夜寝かせた状態です。今のところ順調に進んでいます。
今は気温も湿度も高いので茶葉が腐敗しないようにざるに広げて見守ります。

 


同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
夏紅茶づくり2020
骨折26日目(自家製湿布薬)
梅干しと赤紫蘇のゆかり2020
梅干し2020
百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり
オオバコとヨモギの野草茶
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 夏紅茶づくり2020 (2020-08-26 09:16)
 骨折26日目(自家製湿布薬) (2020-08-10 10:59)
 我が家の家伝薬(樟脳チンキ) (2020-08-07 10:58)
 梅干しと赤紫蘇のゆかり2020 (2020-08-06 17:05)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)
 百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり (2020-07-26 13:42)

Posted by メドウおじさん at 19:03│Comments(2)和ハーブ
この記事へのコメント
腐敗と発酵、興味深いです。
Posted by e-tele. at 2019年08月01日 13:14
発酵は人間の役に立つ作用、腐敗は役に立たないもしくは有害と考えがちですが腐敗がないと有機物は分解されず、有機物から無機物への変換が出来ないわけで私たちの周りはゴミだらけになって大変なことになります。自然のバランスは本当によくできています。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2019年08月01日 20:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。