和ハーブティーブレンドのコツ

2019年07月25日

和ハーブの多くはお茶で使う時単独で使用すると渋み
や苦みなど味の面でマイナスの事がありますが数種類
のものをブレンドすると不思議に飲み易くなります。また
、その効果の面でも有効です。木曽御岳山の百草丸や
十六茶などのハーブティーを飲むとよくわかります
今回のワークショップでは初心者向けのコースとして
飲み易さを求めたブレンドにしました。
一つ目は野生の宿根蕎麦、シャクチリソバをドライ
にしたものと韃靼ソバの実を焙煎したものをブレンド
しました。同属でまとめたのでバランスも良く飲み易
いものになりました。
二つ目は数種類(ゲンノショウコ、ドクダミ、ビワ、柿、
桑、に玄米を焙煎したものを加えたブレンドです。期待
通りの落ち着いた飲み易いお茶に仕上がりました。

和ハーブティーブレンドのコツ

9種類の和ハーブをブレンドして和ハーブティーにします。どちらかというと腎臓系強化が
期待できます。


和ハーブティーブレンドのコツ

普通にお茶にしても良いのですが量が多いので500ccで煎じることにしました。




同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
夏紅茶づくり2020
骨折26日目(自家製湿布薬)
梅干しと赤紫蘇のゆかり2020
梅干し2020
百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり
オオバコとヨモギの野草茶
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 夏紅茶づくり2020 (2020-08-26 09:16)
 骨折26日目(自家製湿布薬) (2020-08-10 10:59)
 我が家の家伝薬(樟脳チンキ) (2020-08-07 10:58)
 梅干しと赤紫蘇のゆかり2020 (2020-08-06 17:05)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)
 百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり (2020-07-26 13:42)

Posted by メドウおじさん at 21:17│Comments(0)和ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。