シナモン・リーフティー

2019年07月23日

シナモンはスパイスの王様と呼ばれエジプトでは4000
年前からミイラの防腐剤として使われていたり旧約聖書
のエゼキエル書にも登場します。中国では後漢時代の
薬学書神農本草経に登場します。日本では正倉院に
薬物として残っていました。現在スパイスとして使われ
るのはセイロンニッケイですが最近はシナニッケイが
主体になっています。日本には江戸時代にシナニッケ
イが持ち込まれそれが散逸して野生化したものが西日
本を中心に一部で自生しています。また在来種で近縁
の同属でヤブニッケイは全国の山林で見かけます。ニ
ッケイと比べると香も弱く商用利用されることはありませ
んが乾燥させた葉はゲッケイジュ(ローリエ)と同じように
料理の香り付けに利用できます。また紅茶と合わせると
シナモンリーフティーとして利用できます。ちなみに私は
知り合いから本ニッケイ(シナニッケイの野生種)の葉を
頂いて使っています。

シナモン・リーフティー

ドライのニッケイリーフと自家製の紅茶で作ります。


シナモン・リーフティー

チーズケーキとよく合います。




同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
夏紅茶づくり2020
骨折26日目(自家製湿布薬)
梅干しと赤紫蘇のゆかり2020
梅干し2020
百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり
オオバコとヨモギの野草茶
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 夏紅茶づくり2020 (2020-08-26 09:16)
 骨折26日目(自家製湿布薬) (2020-08-10 10:59)
 我が家の家伝薬(樟脳チンキ) (2020-08-07 10:58)
 梅干しと赤紫蘇のゆかり2020 (2020-08-06 17:05)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)
 百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり (2020-07-26 13:42)

Posted by メドウおじさん at 20:59│Comments(0)和ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。