グランビル九州で薪割り会

2019年06月16日

東谷の古民家蘇生工房さんが運営する薪ストーブ部門
のグランビル九州さんで6月15日、16日の二日間にわ
たって薪割り会が行われました。初日は雨の中にもかか
わらず14、5名のお客様が来られ16日も同じくらいの
お客様が来られたそうです。今回は同社の主力のカナ
ダのハンプトン製薪ストーブのオーナーさん主体に声を
かけられたそうです。私は15日は仕事日で16日は午
前中は用事があったので午後から顔を出しました。今
回の実演品は女性やお子さんでも簡単に小割の薪を
割ることが出来る「キンドリンクラッカー」と電動の薪割り
機が出ていました。参加者の方は女性やお子さんも多く
、キンドリンクラッカーが人気だったそうです。始めて薪
割りをしてスコン、スコンとわ割れる薪の感覚が面白か
ったようです。私は電動の薪割り機が気になっていて思
ったより大きな(30cm超の丸太)も難なく割れていまし
た。最近斧だと大きな丸太は手に余るようになったので
ろそろ導入時期かなと思っています。それと今回の
ハイライトはハンプトンのH300のオーバーホール展示
でした。完全にバラバラになったストーブを見てその構
造も説明してもらいよくわかりました。ユーザー数も増え
てきたのでこれからも時々イベントを考えていきたいそ
うです。帰りにグランビルのステッカーをお土産とイベン
ト記念のお買い得情報を頂きました。お買い得情報は
次回またご報告します。




グランビル九州で薪割り会

雨が降っても大丈夫なように屋根付きの作業場で行われていました。


グランビル九州で薪割り会

簡易薪割り機キンドリンクラッカーです。丈夫の輪の中に小ぶりの丸太を入れて上から
ゲンノウでたたくと簡単に割れます。



グランビル九州で薪割り会

電動の油圧薪割り機です。30cm超の丸太も楽々割れました。


グランビル九州で薪割り会

オーバーホール中のハンプトンH300です。めったにお目にかかれない
図です。


同じカテゴリー(薪ストーブ)の記事画像
2019~2020薪活最終回?
ストーブ薪灰の活用
乾燥不十分な薪の緊急対応
薪割り始め2020
冬場のハーブ乾燥方法
冬前の休みの日は薪づくり
同じカテゴリー(薪ストーブ)の記事
 2019~2020薪活最終回? (2020-04-26 08:30)
 ストーブ薪灰の活用 (2020-03-04 20:57)
 乾燥不十分な薪の緊急対応 (2020-02-15 20:41)
 薪割り始め2020 (2020-01-05 15:59)
 冬場のハーブ乾燥方法 (2019-11-11 19:10)
 冬前の休みの日は薪づくり (2019-11-10 18:27)

Posted by メドウおじさん at 20:12│Comments(0)薪ストーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。