コメツブグサ

2019年04月17日

ヨーロッパ生まれのマメ科の野草で日本全国で帰化
植物としてどこでも見ることが出来るクローバーによく
似たマメ科の植物がこの時期黄色い小さな花を咲か
せるのがコメツブグサです。クローバーは根が強い
多年草ですが一度定着すると他の植物を駆逐して
テリトリーを広げていきます。コメツブグサは一年草
で夏前に種を落として枯れるので食用にはなりませ
んが協生農法にもちいるには好都合です。来シーズ
ンはコンパニオンとして畑に導入を考えています。
畑の野草は食用・薬用になるものを多くと考えてい
ますが野草ならどれでもすぐに育つわけでなくあれ
これ試行錯誤の連続です。


コメツブグサ

コメツブグサです。マメ科の根粒菌効果を期待しています。



同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事画像
NHK特別番組、人体Ⅱ
エンドウ豆最後の収穫
エンドウ豆の終わり
キクイモ
鹿ジャーキー作り第二弾
自然農法の水田
同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事
 NHK特別番組、人体Ⅱ (2019-05-16 18:41)
 エンドウ豆最後の収穫 (2019-05-11 21:14)
 エンドウ豆の終わり (2019-05-10 20:21)
 キクイモ (2019-05-09 20:54)
 鹿ジャーキー作り第二弾 (2019-05-04 17:54)
 自然農法の水田 (2019-04-25 21:22)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。