お日待ち神事

2019年01月30日

今月28日は町内の組内のお日待ち神事がありました。
現在のお日待ちは組内の親睦を深める新年会の趣が
強いですが本来はこの時期冬至が過ぎやや日が長く
なったころ太陽の恵みやその日差しに感謝し、前日の
夜からその年の当番の家に集まり徹夜で日の出を待
ち、日の出の太陽を拝んで家内繁盛、一年の健康を
祈願するものでした。今回も東谷の産土神東大野神社
から宮司さんに来ていただき祝詞を上げていただいて
います。隣村の中谷の郷原集落の大野山山頂ではかつ
て(戦前期ぐらいまで?)山頂に集まり日の出の太陽を
拝んでいたそうです。大野山山頂は高津尾町内で一番
最初に日が昇るそうです。かつてそこにはビワ石と呼ば
れる巨石があってここを磐座として神事が行われたそう
です。いつからおこなわれていたのかは不明ですが太陽
信仰と巨石信仰の痕跡から相当に古い、ひょっとしたら
古代からおこなわれた可能性もあるのではないかと
私は思っています。ビワ石ですが現在は山頂にはなく
昭和60年代前半に豪雨で目倉谷に流され行方不明にな
ったそうです。
またこれも言い伝えですが、大野山の麓の旧家には大野
神社の神様が666年に降臨した影向石が今も存在し子孫
の方がお守しているそうなのでいつかお話を伺いたいと思
っています。
(上記の大野山のお日待ちと影向石の言い伝えは高津尾
のブロガーひなばったさんのブログに収録されている鴨田
さんの記録を参考にさせていただきました)



お日待ち神事

町内組内のお日待ち神事の様子です


お日待ち神事

神社から頂いた日拜祭のお札です


同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
豊前裏打ち会、うどん仁兵衛
萌黄色の山々
葉々窯、窯開き展
石原町の祇園祭
芦屋のとと市場
ジュエリー・コースト若松北海岸
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 豊前裏打ち会、うどん仁兵衛 (2019-05-17 20:51)
 萌黄色の山々 (2019-05-12 18:31)
 葉々窯、窯開き展 (2019-05-03 20:28)
 石原町の祇園祭 (2019-04-29 16:28)
 芦屋のとと市場 (2019-02-21 19:51)
 ジュエリー・コースト若松北海岸 (2019-02-16 19:16)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。