小倉南区の分水嶺と古代幻視

2018年02月15日

以前に一度書いたのですが 小倉南区の分水嶺について
志井から石田にかけて続く小高い丘陵地を境に東の竹馬
川と西の紫川水系に分かれます。もう少し細かく見ると足
立山麓の湯川を境にもう一つ小さな分水嶺があります。
北側は神岳川が流れ紫川に合流します。南側は竹馬川
に合流する小さな流れです。紫川水系は主に東谷川、中
谷川、合馬川の3支流が合流してできます。私が分水嶺や
水系に興味を持つのはこれらが古代史の集落跡や中世
山城の配置と微妙に重なるからで興味が尽きません。
また現在再開発が進む城野地区では祭祀用の大型銅矛
が出土した重留遺跡や子供用の朱塗りの石棺が出土した
方形周溝墓の城野遺跡など弥生後期の遺跡が発掘され
ています。個人的にはこの辺り一帯が古代の企救の県の
中心地だったのではないかと想像しています。

小倉南区の分水嶺と古代幻視

志井のポリテクカレッジから石田手前まで続く丘陵地が一つの分水嶺です。後ろに見える山並一帯に
中世山城最大の長野城が築かれました。


小倉南区の分水嶺と古代幻視

重留遺跡から発掘された祭祀用の大型銅矛を忠実に再現したレプリカです。
銅矛や銅剣、銅鐸など祭祀用の青銅器はこのように当時は黄金色に輝き
神秘な力を持つと当時の人々には信じられていたものと考えます。


同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
平尾の森「パン工房レーヴ」 まもなく開店
稲刈り始まる
東谷要覧解説13(主編九、衛生)
志井茶屋集落の禁足地
花カフェkokia
皿倉山の山桜と祇園町の桜並木
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 平尾の森「パン工房レーヴ」 まもなく開店 (2020-09-17 08:58)
 稲刈り始まる (2020-08-31 18:42)
 東谷要覧解説13(主編九、衛生) (2020-07-20 10:30)
 志井茶屋集落の禁足地 (2020-06-24 20:20)
 花カフェkokia (2020-06-22 18:40)
 皿倉山の山桜と祇園町の桜並木 (2020-04-12 18:45)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。