黒楽茶碗ミニチュア1

2017年12月15日

自家採取した香椎の白土は見た目は白いのですが若干、
鉄分を含んでいて焼き上げると薄い茶色になります。また
箸置きのピースを作った時に耐火度がやや低いこともわか
ったので低火度釉の楽焼にしてみました。底径3cm×高さ
2cmのミニチュア茶椀です。釉薬は楽透明釉に自家採取
の含鉄土石の鬼板に酸化第二鉄の弁柄を加えて黒楽焼
狙います。黒楽は瀬戸や美濃の瀬戸黒や織部黒と同じ
ように鉄釉薬が溶けた頃を見計らって炉内から取り出し水
につけて急冷させて漆黒の色を発色させる技法です。
割れが入りやすく難しいのですが割れても金継ぎの練習
に使えるので今回挑戦します。

黒楽茶碗ミニチュア1
香椎の道路工事現場で採取した白い粘土を薪ストーブで素焼きした
ミニ茶碗です。(口径3cm×高さ2cm)です


黒楽茶碗ミニチュア1

今回の黒楽焼の釉薬です。上段右が楽焼用の低火度で焼ける透明釉で
その隣が含鉄土石の鬼板を粉にしたもので、左の赤い顔料が酸化第二鉄の
弁柄です。鬼板に少量混ぜて深い黒を狙います。
下段左が上三つを混ぜて使います。



黒楽茶碗ミニチュア1

フノりを溶いて水で薄めて筆で施釉します。何回も塗り重ねて厚めにします。


黒楽茶碗ミニチュア1
十分乾燥させたところです。次は七輪での本焼きです。



同じカテゴリー(陶芸のこと)の記事画像
一閑堂作 窯変欽庸皿 銘、銀河
身近な土を焼いてみよう(ワークショップメニュー)
若松区本町出土の粘土
七輪陶芸で焼く無釉焼き締め箸置き
小麦の収穫2020-1
一閑堂さん、春の展示会の様子
同じカテゴリー(陶芸のこと)の記事
 一閑堂作 窯変欽庸皿 銘、銀河 (2020-08-04 17:02)
 身近な土を焼いてみよう(ワークショップメニュー) (2020-06-06 20:53)
 若松区本町出土の粘土 (2020-06-04 19:44)
 七輪陶芸で焼く無釉焼き締め箸置き (2020-05-11 20:32)
 小麦の収穫2020-1 (2020-05-08 21:06)
 一閑堂さん、春の展示会の様子 (2020-03-30 19:50)

Posted by メドウおじさん at 18:57│Comments(0)陶芸のこと
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。