南ヶ丘三色原土

2017年10月15日

小倉南区南ヶ丘の道路拡張工事現場の切羽の崖地で
見つけた三色の原土を精製してはたき土にした陶芸
粘土で薪ストーブ素焼きでおはじき用のテスト・ピ
ースを作りました。3色のピースは予想どうりの色
合いに焼けました。耐火度も素焼き段階では問題あ
りません。(おはじきは素焼きのピースを土台に作
ります。)次の段階は本焼きの胎土として使えるのか
のテストです。本焼きは七輪陶芸でピース代わりに
箸置きを焼いてみます。


南ヶ丘三色原土

白土の原土です。精製するときにできるだけ赤土の部分は除きます


南ヶ丘三色原土

これは黄土の原土です。砂気が多く、少しパサパサした感じがあります。


南ヶ丘三色原土

鉄分の多い赤土です。本焼きに耐えられるか微妙なところです。


南ヶ丘三色原土
精製した白土と素焼きしたピースです。白土は素焼きするとうっすらピンク色
に焼けるのが特徴です。これを本焼きするとかなり白く焼けるはずです。


南ヶ丘三色原土

黄土と素焼きのピースです。思った以上に鉄分が多い土のようです。
絵付けをしておはじきに仕立てたいと思います。


南ヶ丘三色原土
赤土と素焼きのピースです。鉄分以外にも微量成分がいろいろ含んでいるようです。
これもおはじきにします。



同じカテゴリー(陶芸のこと)の記事画像
一閑堂作 窯変欽庸皿 銘、銀河
身近な土を焼いてみよう(ワークショップメニュー)
若松区本町出土の粘土
七輪陶芸で焼く無釉焼き締め箸置き
小麦の収穫2020-1
一閑堂さん、春の展示会の様子
同じカテゴリー(陶芸のこと)の記事
 一閑堂作 窯変欽庸皿 銘、銀河 (2020-08-04 17:02)
 身近な土を焼いてみよう(ワークショップメニュー) (2020-06-06 20:53)
 若松区本町出土の粘土 (2020-06-04 19:44)
 七輪陶芸で焼く無釉焼き締め箸置き (2020-05-11 20:32)
 小麦の収穫2020-1 (2020-05-08 21:06)
 一閑堂さん、春の展示会の様子 (2020-03-30 19:50)

Posted by メドウおじさん at 10:57│Comments(0)陶芸のこと
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。