風露小麦湯と風露香薷湯

2017年10月07日

私はお腹が多少弱くて日ごろからゲンノショウコを配合
した野草茶を愛飲しています。お気に入りの配合が2種
類あって一つはゲンノショウコ+煎り小麦で梅雨時から
夏で体力が消耗するときに煎り小麦の香ばしさとゲンノ
ショウコの渋みで食欲が増します。もう一つは盆過ぎか
ら花の咲いたゲンノショウコとナギナタコウジュのブレ
ンドです。ナギナタコウジュの和の香りでほっこり落ち
着きます。ゲンノショウコ+小麦は「風露小麦湯」、
ゲンノショウコ+ナギナタコウジュは「風露香薷湯」と
名づけました。(シャレですが)風露はゲンノショウコ
の属名で音の響きが和薬ぽいのでつけました。興薷はナ
ギナタコウジュでアイヌの人たちは古くから薬草として
利用していました。発汗、利尿、腹痛に効果があるそう
ですが私はラベンダーに匹敵する香りの良さが気に入っ
ています。

風露小麦湯と風露香薷湯


風露小麦湯と風露香薷湯

フウロショウバクトウ(風露小麦湯)の材料、ドライのゲンノショウコと煎り小麦です。
ブレンド割合はゲンノショウコ 7に対し小麦3です。


風露小麦湯と風露香薷湯

ナギナタコウジュです。アイヌの人がとりわけ愛した、和の香りです。


風露小麦湯と風露香薷湯

左がゲンノショウコで右がナギナタコウジュのドライです。8:2ぐらいの割合でブレンドします。



同じカテゴリー(和ハーブ)の記事画像
骨折26日目(自家製湿布薬)
梅干しと赤紫蘇のゆかり2020
梅干し2020
百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり
オオバコとヨモギの野草茶
和紅茶つれづれ
同じカテゴリー(和ハーブ)の記事
 骨折26日目(自家製湿布薬) (2020-08-10 10:59)
 我が家の家伝薬(樟脳チンキ) (2020-08-07 10:58)
 梅干しと赤紫蘇のゆかり2020 (2020-08-06 17:05)
 梅干し2020 (2020-07-30 15:27)
 百草仙人茶2020春夏バージョン出来上がり (2020-07-26 13:42)
 オオバコとヨモギの野草茶 (2020-07-25 13:49)

Posted by メドウおじさん at 19:03│Comments(0)和ハーブ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。