協生農法夏野菜の成果と反省2

2017年09月01日

ではうまくいったササゲ豆とニラとその他のうまくいか
なかった野菜との違いは何だったのでしょう。
ささげ豆は株の周りをゲンノショウコが茂って表土の
乾燥を防いでいたこと、豆のつるがゲンノショウコの
上に出て光合成がよくできたこと、豆類の特徴の窒
素固定作用で自ら栄養を作り出せたことなどが考え
られますが、最大の違いはささげ豆を植えた場所は
2,3年耕起をしてない場所でした。うまくいかなかっ
たトウモロコシの場所は5月まで麦とジャガイモを植
えており収穫した後を掘り返していました。掘り返す
ことで土壌構造が壊れたようです。この場所は秋にホ
ウレンソウや小松菜など葉野菜を多く植えて野菜マ
ルチを作ろうと思っています。


協生農法夏野菜の成果と反省2
残念ながらトウモロコシとハスイモは生育不良でした。


協生農法夏野菜の成果と反省2

ササゲ豆はよくできました。周りをゲンノショウコが囲っています。




同じカテゴリー(協生農法)の記事画像
一か月ぶりの畑の様子
ジャガイモの収穫
夏野菜の準備
エンドウ豆の成長
2019秋冬野菜の様子
オオバコ
同じカテゴリー(協生農法)の記事
 一か月ぶりの畑の様子 (2020-08-20 13:50)
 ジャガイモの収穫 (2020-06-11 11:39)
 夏野菜の準備 (2020-05-14 20:01)
 エンドウ豆の成長 (2019-11-17 20:10)
 2019秋冬野菜の様子 (2019-11-12 20:43)
 オオバコ (2018-05-26 22:14)

Posted by メドウおじさん at 17:50│Comments(0)協生農法
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。