七輪陶芸作品3

2017年01月20日

七輪陶芸では直径が10cm程度の小品しか焼成が出来
ませんがいろいろと小回りが利くので本格的な陶芸を始
めるには敷居が高く感じている方や土や釉薬をあれこれ
変えて実験的に本格焼成(本焼き)の陶芸を手軽に楽し
みたい方に最適です。下の写真は唐津系の土で作った
小品で炭の灰がたっぷりかかった、自然釉の作品です。
灰釉が青緑に発色して気に入った焼き色に仕上がりま
した。

七輪陶芸作品3

小物入れで使っています。


七輪陶芸作品3

灰皿のつもりで作ったのですが


七輪陶芸作品3

いつのまにか石鹸入れになっていました。



同じカテゴリー(陶芸のこと)の記事画像
黄瀬戸皿・湯呑
自作の器(漆陶の器)
瀬戸の織部釉
黄瀬戸のぐい呑み、杯
一閑堂作 窯変欽庸皿 銘、銀河
身近な土を焼いてみよう(ワークショップメニュー)
同じカテゴリー(陶芸のこと)の記事
 黄瀬戸皿・湯呑 (2020-09-07 04:30)
 自作の器(漆陶の器) (2020-08-28 14:46)
 瀬戸の織部釉 (2020-08-23 12:14)
 黄瀬戸のぐい呑み、杯 (2020-08-22 20:33)
 一閑堂作 窯変欽庸皿 銘、銀河 (2020-08-04 17:02)
 身近な土を焼いてみよう(ワークショップメニュー) (2020-06-06 20:53)

Posted by メドウおじさん at 18:33│Comments(2)陶芸のこと
この記事へのコメント
>いつのまにか石鹸入れになっていました。
奥様のナイスな対応だと思いましたよ!
(タバコは百害あって一利なしですから)
優しい気遣いだと思えますよ~
Posted by チョコミント at 2017年01月23日 07:08
チョコミントさん、ありがとうございます。もっとも私の体を心配すというよりちょうど石鹸入れに手ごろな大きさだったからだと思いますよ。(笑い)他にも伊賀焼の小皿が石鹸入れになっています。(笑い)
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2017年01月23日 20:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。