絶滅した淡水生物たち

2016年10月30日

東谷を含む三谷地域は紫川とその支流、東谷川の上流域
で田舎度が高い(いい意味です)農村地帯ですがその自然
指標(魚類や貝類)は私が子供のころとは比べようがないほ
ど低下しています。東谷川ではハヤなどは生存しているも
ののカワムツやドロバエ(アブラハヤ)が多く白ハエ(オイカ
ワ)などは減少しています。昔は用水などで見られたメダカ
やタナゴはすでに絶滅したようです。タナゴの生存に欠か
せないカワガイもすでに絶滅しているようですしわずかに
一部でシジミを見ることが出来る程度です。
魚釣りの餌として重宝したモエビも用水が三面コンクリート
の既成溝になってからは姿を消しました。蛍も本流域は河
川改修で川床環境が変わりシルトの堆積で餌となるカワ
ニナが減少して見かけません。河川改修は安全確保の
ためある程度仕方のないことですが、用水の方は工夫
で何とかなる気がします。素人考えですが昔のように通
年導水が出来れば相当環境が改善される気がしますが
、いろいろ難しい問題点もあるのでしょう。

絶滅した淡水生物たち

昔は用水路で見られたタナゴとカワガイ(カラスガイかドブガイ?)
です。写真はネットからお借りした水槽飼育しているタナゴです。


同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
平尾の森「パン工房レーヴ」 まもなく開店
稲刈り始まる
東谷要覧解説13(主編九、衛生)
志井茶屋集落の禁足地
花カフェkokia
皿倉山の山桜と祇園町の桜並木
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 平尾の森「パン工房レーヴ」 まもなく開店 (2020-09-17 08:58)
 稲刈り始まる (2020-08-31 18:42)
 東谷要覧解説13(主編九、衛生) (2020-07-20 10:30)
 志井茶屋集落の禁足地 (2020-06-24 20:20)
 花カフェkokia (2020-06-22 18:40)
 皿倉山の山桜と祇園町の桜並木 (2020-04-12 18:45)

この記事へのコメント
おひさしぶりです!
昨日だったか、郵便局横の端の上からひとがたくさん
下を見てました。あそこ、なんだか魚がいますね!
エビ・・・多分実家近所はまだおると思います。
今年はホテルがまた増えていたので、
環境が良くなったのでしょうね。
Posted by ゆこむし at 2016年11月01日 08:22
道原にはまだモエビがいたんですね。そういえば用水路でシジミも見かけました。ひょっとするとタナゴやカワガイもどこかで生存しているかもしれませんね。
ちなみに三谷にホテルが増えるのは困りものですが蛍なら大歓迎です。(笑い)

失礼しました。ちょっと笑えたフレーズだったもので。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2016年11月01日 20:35
わははw ホテルと打ってしまったw
昔、旧小学校の横の川で遊んでいたのですがかなりエビがおりました。
様子も変わってないし、生徒たちもいろいろ調査してるみたいです。
今度、実家近所の玉ねぎを植えている近くにきれいな川があるので
あそこを探してみます。なんか居そう。野良クレソンに
鴨?それにすっぽんも居るようです(^^;
Posted by ゆこむし at 2016年11月10日 01:33
道原見逃せませんね。観察フィールドとして来年はフューチャーしたいです。
難点はフィールド観察は自転車で移動するのを基本にしていているのでちょっと遠いです。ああ、電動自転車が欲しいっす。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2016年11月10日 20:00
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。