平尾台英窯

2016年02月07日

呼野の陶芸作家の平尾台英窯に行ってきました。今日は
石原町は夜明はみぞれ交じりの雨でしたが、呼野は雪で
朝起きるとぽっかり積もっていたそうです。
英窯さんは小石原で修行したのち昭和56年に平尾台で
英窯を開き平成6年に現在地の上呼野に移転しました。
場所は旧322号線の上呼野のバス停から金辺峠の方へ
少し進むと道の左に木の看板が出ているのでそこを左に
降りていくと英窯さんです。ご主人の志田さんは柔らか
い白い地肌の上に野の花や草の実などをモチーフにした
食器を多く製作されていますが、もう一つ、黒い土肌の
胎土の上に青灰色の泥彩の化粧土を施した作品があり
ます。
こちらは大皿や花器、花瓶、篇壷など大物が多いです。
青灰色の泥彩はまるで緑青のような渋い色で古代の遺跡
から出土した銅鐸のようです。この青化粧土の作品は日
本伝統工芸店などで入選されたそうです。
この日はあいにくご主人は不在でしたが奥さまが対応し
てくれました。突然の訪問にもかかわらずにこやかに対応
していただき良かったです。作品はここ数年、各地のクラ
フト店などに出品されているそうです。私は以前福岡市
に住んでいた時に海ノ中道海浜公園であったクラフトフェ
アで英窯さんのお店を知っていつか行きたいと思っていま
した。窯場での窯開き展などは駐車場の関係もありやって
ないという事で残念です。

平尾台英窯

上呼野の旧322号線にある英窯さんの看板です。


平尾台英窯

英窯さんのご自宅兼お店です。味わい深い古民家です。


平尾台英窯


平尾台英窯


平尾台英窯


平尾台英窯

英窯さんお得意の野の花をモチーフにした食器たちです。


平尾台英窯


平尾台英窯

青化粧土の泥彩の扁壺と大皿です。とても個性的な作品です


平尾台英窯

今回もとめたカップです。ノブドウの絵がやさしい雰囲気を出しています。


平尾台英窯

英窯さんへの地図です




同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
東谷要覧解説13(主編九、衛生)
志井茶屋集落の禁足地
花カフェkokia
皿倉山の山桜と祇園町の桜並木
東谷要覧解説10(主編(七)教育、前半)
牧山の御馬橋
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 東谷要覧解説13(主編九、衛生) (2020-07-20 10:30)
 志井茶屋集落の禁足地 (2020-06-24 20:20)
 花カフェkokia (2020-06-22 18:40)
 皿倉山の山桜と祇園町の桜並木 (2020-04-12 18:45)
 東谷要覧解説10(主編(七)教育、前半) (2020-03-11 22:32)
 牧山の御馬橋 (2020-03-01 08:59)

この記事へのコメント
以前からとても気になっていた英窯だったので、大変参考になりました。
近いうちに行って見ようと思います。ノブドウのカップ 良いですね!
Posted by yummy at 2016年02月07日 23:45
去年、ハワイの友達にも買って行きました。
好評でした♪
今年は花器を買う予定です(^^v
Posted by ゆこむし at 2016年02月08日 00:39
yummyさん英窯さんの野の花の絵柄、柔らかい雰囲気でいいです。一方の青化粧土の泥彩は重厚感があります。最近はお店の方は在庫が少ないようですが、見ておいて損はないです。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2016年02月08日 21:05
ゆこむしさん、英窯さんの食器はTHE JAPANをたっぷりと感じさせてくれますね。特に東谷の自然をよく写していると思います。ちょっとお値段は張りますが青化粧土の花瓶はいかがですか?英窯の志田さんでないと作れないオリジナリティーとクオリティーは確かです。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2016年02月08日 21:09
青化粧土!実は目をつけてたりして♪
しばらくお花から遠ざかってましたが、そろそろ復活したいなあと
思ってます♪
Posted by ゆこむし at 2016年02月09日 00:05
7枚目8枚目の作品は青銅製のような雰囲気があって
面白いですね!
このような雰囲気の茶器だと売れそうに
思えるのですが、どうでしょう?
買われたカップは淡彩画の雰囲気があって
優しい気持ちになれそうですね~
Posted by チョコミント at 2016年02月10日 07:13
華道はいいですね。亡くなった母が師範でしたので好きで野の花をよく活けていました。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2016年02月12日 13:53
チョコミントさん、野の花の食器は昔から知っていましたが青化粧土の泥彩ははじめてみたので緑青を吹いた青銅器のような存在感にはびっくりしました。茶碗は見なかったような気がしますが侘び寂とはかなり趣が違った存在感のある器になりそうですね。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2016年02月12日 13:58
素敵な色味ですね!
ここにもまだ行けてないので、自分用のマグカップを見にいきたいです!
お気に入りのカップで飲むと、いつものコーヒーも美味しさが増す気がします。
Posted by あゆっち at 2016年02月27日 09:03
あゆっちさん、野の花シリーズのマグカップ確かありました、一度見ておいて損はないです。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2016年02月27日 17:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。