クレソンとオオタネツケバナ

2016年02月01日

クレソンはヨーロッパ産のアブラナ科の一種でピリリとした辛
味と爽やかな芳香が特徴でステーキなど肉類の付け合わせ
で使われます。明治時代に西洋人が食するステーキとともに
導入され全国に広がった帰化植物です。比較的水質の変化
にも強く今では全国の水辺でみることが出来ます。東谷でも
東谷川本流や本流から水を引く用水路などでも見かけます。
一方のオオタネツケバナは日本の在来種で里山の谷川など
きれいな水の流れで見かけます。姿はクレソンを一回り小型
にした感じですが小さな株では見分けがつかないほどよく
似ています。愛媛県の松山近辺ではテイレギと呼ばれ野菜と
してスーパーなどでも販売されているそうです。オオタネツケ
バナは強健なクレソンに徐々に生息域を奪われているようで
気になります。気がついたら在来のニホンタンポポが西洋タ
ンポポにすっかり駆逐された二の舞にならなければよいと
心配です。

クレソンとオオタネツケバナ

東谷川本流から分かれた用水路で繁殖している帰化植物のクレソンです。
クレソンは水質が多少悪化していても繁茂するので採取はよく注意する必要があります。



クレソンとオオタネツケバナ

谷川の流れの横で見つけたオオタネツケバナです。今は冬型のロゼットですが成長すると
クレソンによく似た感じになります。




同じカテゴリー(山菜)の記事画像
梅干しと赤紫蘇のゆかり2020
アカメガシワ2020
葉物野菜の端境期に便利な山菜野草
アオミズ2020
ヤブツルアズキ苗移植
アキノノゲシ+パリパリ麺サラダ
同じカテゴリー(山菜)の記事
 梅干しと赤紫蘇のゆかり2020 (2020-08-06 17:05)
 アカメガシワ2020 (2020-06-23 10:34)
 葉物野菜の端境期に便利な山菜野草 (2020-06-20 20:59)
 アオミズ2020 (2020-06-19 20:29)
 ヤブツルアズキ苗移植 (2020-06-15 17:23)
 アキノノゲシ+パリパリ麺サラダ (2020-06-12 19:24)

Posted by メドウおじさん at 20:03│Comments(4)山菜
この記事へのコメント
タンポポの話で恐縮ですが、
セイヨウタンポポに押されてニホンタンポポが激減している
と言われていましが、
こんな↓新情報を知ってCMは嬉しくなってしまいました。
http://mainichi.jp/articles/20160130/k00/00e/040/282000c
Posted by チョコミント at 2016年02月02日 06:19
チョコミントさん、日本タンポポの復活の兆しのニュース、うれしいですね。タンポポの外来種か在来種かの違いは以前から興味をもって時々確認していますが東谷周辺では圧倒的に西洋タンポポが多いです。ただ、所々で見かける白花タンポポは在来種で、九州では黄色い日本タンポポより分布が多いのかもしれません。因みに以前住んでいた横浜では白花タンポポは保トンで目にすることはありませんでした。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2016年02月02日 21:18
クレソン、うちのすぐ下の川にも増殖中ですw
うちの実家近所の山奥に入っていくと結構在来種が頑張っているみたいです。
たんぽぽ・・・実家辺りはどうだろう?かなり土手とかに
生えてます。今度調べてみます(^^
Posted by ゆこむし at 2016年02月05日 20:01
ゆこむしさん、今の所、オオバタネツケバナとクレソン(オランダガラシ)とはうまくすみ分けているようですが、谷川に侵入するとあっという間に駆逐されそうで心配です。タンポポの見分け方は簡単です。花首のがく片が反り返っているのが西洋種です。この近辺で今時分咲いているのはほとんど西洋種です。見た目そっくりなので花だけ見ても見分けがつきません。日本タンポポが見つかったら教えてください。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2016年02月05日 21:34
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。