第4回東谷フェスティバル

2015年10月26日

10月24日、25日東谷では秋の一大イベント東谷フェ
スティバルが行われました。両日とも晴天に恵まれ多くの
人で賑わいました。東谷フェスティバルは前夜祭にあたる
24日がチャリティーコンサートと秋花火と文化祭です。
興農会館体育館で各種展示と演芸大会中心の文化祭が
24日、25日行われました。また25日は興農会駐車場で
、新鮮野菜の軽トラ市、各種バザーに雑貨マルシェ、と多く
の方でにぎわいました。東谷は高齢者人口が高く、以前の
催し物は熟年者向けのものが多かったように思いますが、
最近は各世代の方が楽しめる構成になっていて2年前に見
に行った時よりにぎわっていたのはうれしいことです。


第4回東谷フェスティバル

東谷のフェスティバルは2日に渡り、農業祭、文化祭、チャリティーコンサート、文化祭、
バザーの複合イベントでお年寄りから若い方まで楽しめる内容になっています。


第4回東谷フェスティバル

入り口には東谷中学校の生徒さんが作った案山子が出迎えてくれます。


第4回東谷フェスティバル

農業機械は2台だけの展示でちょっと寂しいです。


第4回東谷フェスティバル


第4回東谷フェスティバル

マルシェは3店のみの出店でしたが若い女性が多く覗いていました。出店数が増えて
告知を工夫すれば(都市部の方)大きな可能性があると思いました。


第4回東谷フェスティバル

豚汁も大人気のコーナーです。


第4回東谷フェスティバル

軽トラの野菜市はどれも新鮮でおいしそうなものなのですが東谷のお客様は
大抵自分で野菜を作られる方が多いので売り上げはもう一つのようです。
ここも都市部の社協や市民センター、と連携してPRすればお客も多くなるのに
残念です。


第4回東谷フェスティバル

体育館では演芸ステージや町内の文化活動の展示になっています。ここは地元のお年寄りのお客様が
多いです。


第4回東谷フェスティバル

前日の前夜祭、秋花火を上げた、
地元の花火会社さんの展示コーナーもありました。




同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
ほたる橋の由来
豊前裏打ち会、うどん仁兵衛
萌黄色の山々
葉々窯、窯開き展
石原町の祇園祭
芦屋のとと市場
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 ほたる橋の由来 (2019-05-28 20:07)
 豊前裏打ち会、うどん仁兵衛 (2019-05-17 20:51)
 萌黄色の山々 (2019-05-12 18:31)
 葉々窯、窯開き展 (2019-05-03 20:28)
 石原町の祇園祭 (2019-04-29 16:28)
 芦屋のとと市場 (2019-02-21 19:51)

この記事へのコメント
毎年、一度は行って見たいと思いながらなかなか行けませんが、メドウおじさんの記事を見ただけでも、いろんな催しがあって楽しそうですね。あまり子供受けする企画はないのでしょうか?
Posted by yummy at 2015年10月26日 21:15
そういえばお子さん向けの企画が少ないように思います。例えば前夜祭のお昼のステージで子供向けのステージがあったり、サッカーなどの子供向けの教室があったりしてもいいですね。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2015年10月27日 18:59
うちの地区は確かぜんぜん出品できてないとか聞いたような(汗
高齢化が一段と進んでるような気がします。

花火の音で、あー!フェスティバルだった!と気がつきました。

トラクター・・・・欲しいです・・・w
Posted by ゆこむし at 2015年10月28日 01:44
呼野町内だったかどうかはよく覚えていませんがお糸池のガシャモクの観察会や保護活動の様子が展示されていました。地域の関心はイマイチですが今や全国で野生状態で繁殖が確認されているのはお糸池だけです。日淡水草ファンの間ではもはや聖地扱いされています。天然記念物級です。天然記念物と言えば大山祇神社のイチョウも県の天然記念物でしたね。他にも金山跡や志津摩の石碑、秋月街道の宿場町だったことなど呼野町内は自然や歴史アーカイブの宝庫です。トラクター新品は高いですね。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2015年10月28日 18:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。