思い出のマンドリン楽曲1

2015年08月21日

学生時代4年間のマンドリンクラブ活動で数多くの楽曲を
弾いてきましたが今も印象に残る楽曲や作者はたくさんあ
ります。自分的に3つ選べと言われると鈴木静一氏の「失
われた都」藤掛廣幸氏の「パストラル・ファンタジー」、
そしてラッタの「英雄葬送曲」です。今回はラッタの英雄
葬送曲を紹介させていただきます。
この曲は特定の英雄の死を悼んだものではなく第二次
世界大戦でその尊い命をささげた戦士すべてを弔う思い
が込められています。この曲の前半部は技巧的に難し
部分がありソロならともかく合奏で演奏するとなると大変
難しい曲でした。私がこの曲をコンサートで弾いたのは3
年の冬のコンサートでコンマスは私が敬愛していたU田さ
んで指揮は同じく4年のK枝さんでした。U田さんはこの
曲を演奏会で取り上げることが決まった以降、下宿に遊
びに行くと難しいフレーズの部分をよく練習されていまし
た。K枝さんも当時大学のマンドリンクラブで最高峰にあ
ると言われた同志社大学の演奏テープをよく聞いて研究
されていました。
前半部は激しい戦闘を思わせる技巧的に難解な主旋律
で構成されます。そして後半では一転して激しい戦闘で
倒れた兵士を悲しみと敬慕のねんをもって送る正に壮大
な葬送曲となっています。曲はネットのユーチュ-ブなど
で「マンドリン 英雄葬送曲」でググると幾つも演奏動
画があります。それぞれ前半部分について指揮者や演奏
者の解釈などの違いがみれてとても面白いです。興味の
ある方はぜひ一度お聞きください。

思い出のマンドリン楽曲1

英雄葬送曲は第18回定期演奏会のラスト曲として弾きました。


思い出のマンドリン楽曲1

18回定期演奏会のパンフレットです。



思い出のマンドリン楽曲1

英雄葬送曲の曲目解説です。




同じカテゴリー(山口)の記事画像
思い出のマンドリン楽曲2(パストラル・ファンタジー)
奏苑について
アットランダムとアポロン
松下村塾訪問(マンドリンクラブ1回生7月)
マンドリンクラブ1回生(春~夏1)
マンドリンクラブ入部のいきさつ
同じカテゴリー(山口)の記事
 思い出のマンドリン楽曲2(パストラル・ファンタジー) (2015-09-01 18:22)
 奏苑について (2015-04-22 19:39)
 アットランダムとアポロン (2015-03-26 19:55)
 松下村塾訪問(マンドリンクラブ1回生7月) (2015-03-03 22:42)
 マンドリンクラブ1回生(春~夏1) (2014-09-14 17:47)
 マンドリンクラブ入部のいきさつ (2014-09-04 20:39)

Posted by メドウおじさん at 18:43│Comments(0)山口
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。