咲-SAKIの舞台2

2014年09月28日

先にヤングガンガンに掲載されている咲-SAKI
の舞台が新道寺の丸山周辺であることを書きまし
たが今回作品の描写の背景や表紙から更に場所が
絞り込めました。ピンポイントの場所でいうと丸山
から東谷川の川沿いを通り法円寺の前に出る古い旧
道(農道)があるのですがそこが描かれている場所
です。古くは木橋だったトトロ橋や中筋踏切、
鉄橋、鉄橋下の小さなトンネルなどがリアルに描か
れています。
驚いたのは踏切に架かる標識の傾きまでがリアルに
描かれていました。
北九州市は映画のロケ地誘致に熱心で市には専門の
窓口と担当者がいます。今までに多くの話題作のロ
ケ地になっており平尾台もよくドラマのロケ地で登
場しています。最近何かと怖い話題の多い北九州で
非常にユニークな活動だと思います。北九州全体で
映画やドラマの聖地巡礼ができるくらいの数で立派
な観光資源になると思います。
ではなぜ「咲-SAKI」で新道寺がその舞台に選ば
れたのかその理由ははっきりしません。原作者の小林
立氏は東京生まれで福岡には縁がなさそうです。作画
の木吉紗氏が佐賀県出身で福岡在住とのことなのでロ
ケ地としての北九州に目を付けたのかもしれません。(
あくまでも私の推測の一つです)

咲-SAKIの舞台2
正面向こう側から手前に登場人物が歩いた道です。


咲-SAKIの舞台2

中筋の踏切でここも描かれています。ひょうしきのかたむきもそのままで実にリアルです。


咲-SAKIの舞台2

東谷川に架かる鉄橋です。


咲-SAKIの舞台2

トトロ橋です。昔は木橋でしたが大水で流されて以来仮橋のままです。ここもこのまま描かれています。


咲-SAKIの舞台2

物語で重要な場面だった高架下の小さなトンネルです。


咲-SAKIの舞台2

もう、盛りは過ぎましたが彼岸花がきれいなあぜ道です。この背景も使われています。




同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
東谷要覧解説13(主編九、衛生)
志井茶屋集落の禁足地
花カフェkokia
皿倉山の山桜と祇園町の桜並木
東谷要覧解説10(主編(七)教育、前半)
牧山の御馬橋
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 東谷要覧解説13(主編九、衛生) (2020-07-20 10:30)
 志井茶屋集落の禁足地 (2020-06-24 20:20)
 花カフェkokia (2020-06-22 18:40)
 皿倉山の山桜と祇園町の桜並木 (2020-04-12 18:45)
 東谷要覧解説10(主編(七)教育、前半) (2020-03-11 22:32)
 牧山の御馬橋 (2020-03-01 08:59)

この記事へのコメント
関係者さんにゆかりの人が居たのかもしれませんね(^^
田園風景が良かったとか。

確かに北九州=怖いらしいです(笑
住んでるとそんなに感じないのですが・・・。
というか周りが怖い顔のおっちゃんばかりなんで
慣れたのかも(汗
Posted by ゆこむし at 2014年09月28日 21:36
確かにここの風景だけ切り取るとかなりいい感じです。流石にプロの方は見抜く力がすごいんでしょうね。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2014年09月29日 20:41
さらに詳細な情報、ありがとうございます。
漫画の世界なので、空想して描けば良いと思うのですが作者のこだわりでしょうか。ということは新道寺のみならず、他の場所も同様に現地がリアルに描かれているのかもしれませんね。
Posted by yummy at 2014年09月30日 08:36
Yummyさん、リアルな背景は対局中の対局者の回想シーンで使われています。巡礼者の方の報告では他の地域でも描かれています。ある所は町起こしとしてちょっとした記念館を作って版元と組んでグッズを扱っている所もあるようです。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2014年09月30日 12:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。