JKの麻雀漫画、「咲-SAKI」の舞台

2014年09月24日

私がよくいくお蕎麦屋さん、つづみ草のご主人の
ブログで知ったのですがヤングガンガンというコミック
雑誌に咲という女子高生が活躍するマージャの漫画があ
り、その中の物語でマージャンクラブの全国大会があり
福岡県代表校が新道寺女子高という架空の高校です。
高校の場所はJR石原町駅の裏あたりの丸山という集落
の近辺に想定されています。背景の描かれ方は現地の様
子をよく反映しているので原作者の小林 立氏は現地取
材をされたのだと思います。若い人の間ではちょっとし
た話題になっていたようです。
話は変わりますが昔語りの同人によると新道寺、丸山とい
う地名には隠れキリシタンの影を感じるとおっしゃってい
ました。いつか調べてみたい興味のあるテーマです。


JKの麻雀漫画、「咲-SAKI」の舞台


JKの麻雀漫画、「咲-SAKI」の舞台

「咲ーSAKI」に登場する新道寺女子高の舞台になったあたりです。


JKの麻雀漫画、「咲-SAKI」の舞台

前方奥の方に見える集落と丘が丸山です。「新道寺」「丸山」なんとなくキリシタンを感じる地名です。




同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
東谷要覧解説13(主編九、衛生)
志井茶屋集落の禁足地
花カフェkokia
皿倉山の山桜と祇園町の桜並木
東谷要覧解説10(主編(七)教育、前半)
牧山の御馬橋
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 東谷要覧解説13(主編九、衛生) (2020-07-20 10:30)
 志井茶屋集落の禁足地 (2020-06-24 20:20)
 花カフェkokia (2020-06-22 18:40)
 皿倉山の山桜と祇園町の桜並木 (2020-04-12 18:45)
 東谷要覧解説10(主編(七)教育、前半) (2020-03-11 22:32)
 牧山の御馬橋 (2020-03-01 08:59)

この記事へのコメント
そんな漫画があるんですね!
新道寺から志井、隠蓑あの辺りはなんだか不思議な雰囲気を
感じます。
北九州が舞台の漫画は結構ありますね(^^
Posted by ゆこむし at 2014年09月25日 00:49
そうなんですか!ちょっとビックリです。
麻雀漫画の想定場所になぜ丸山の集落が想定されたのか
気になるところですが、
もしかして著者が小倉南区の方だったりして・・・??
Posted by チョコミント at 2014年09月25日 06:40
ゆこむしさん、特に志井から横代の隠れ蓑にかけては弥生時代からの遺跡も
あり古い歴史があります。地形的にも小さな分水嶺になっていて同じ小倉南区でも曽根方面と三谷方面との境目になっています。興味深い場所です。
もう亡くなりましたが畑中 純さんという漫画家がいらして道原を舞台に漫画を描かれていましたね。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2014年09月25日 18:45
チョコミントさん、咲ーSAKIの原作者さんは小林 立さんと言いますが東谷方面とご縁のある方かどうかはちょっとよくわかりませんが北九州は全国でも珍しい漫画ミュージアムもありサブカルチャーに縁の深い方も多く出ているようですね。
そのうち漫画ミュージアムにも一度行ってみないといけませんね。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2014年09月25日 18:49
いつものことながら、多岐にわたる情報収集には脱帽です。
この漫画は見ないといけませんね。
ありがとうございました!
Posted by yummy at 2014年09月26日 17:49
yummyさん、私もこの漫画はネットで一部を少し見ただけですがいわゆる
萌え系の漫画のようです。絵柄は主人公はじめ萌え系ですがストーリーは
マージャンクラブの全国大会の勝負ものです。この辺りが人気の壺なのかもしれません。一昔前でいえばテニスの王子様的なストーリーのようです。今時と言えば今時なのでしょうが私にはちょっとついていきにくい絵柄ですね。さすがにコミックを買うには抵抗が大きいのでいつかマンガ喫茶ででも見るチャンスがあれば読んでみたいと思います。
ネットでは熱心なファンの方が聖地巡礼と称して漫画の舞台をたどるのが流行っているみたいです。咲 新道寺女子高でググると詳しい情報が得られますよ。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2014年09月26日 19:42
え!道原が舞台の漫画(汗
知りませんでした!
どんなストーリーだろう(^^;
しかし、三谷は遺跡が多いですね~。
母校の中学校の校庭隅に大きな石があったのですが
(みんなでその上で遊んでたり。)
なんと石棺でした(汗
かなり罰当たりなことをしてしまいました(汗
Posted by ゆこむし at 2014年09月27日 09:29
畑中 純さんの漫画はちょっと変わった画風で今でいうヘタウマ系でしょうか。
ストーリーは確か紫川上流(たぶん頂吉辺り)の集落の若い男女の物語で青年系のコミック雑誌に連載されていました。カワウソや河童の妖怪(ギャグ風)もでてきて不思議な物語でした。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2014年09月27日 11:00
河童w 
道原に伝説があります(^^;
ぜひ読みたいです。探してみます。
Posted by ゆこむし at 2014年09月28日 21:45
菅生の滝辺りの淵は昔なら河童が住んでいそうですね。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2014年09月29日 20:44
滝に行く途中の川に河童の背干しという岩があるんですよ(^^;
その奥の谷には、鍋かぶりという妖怪が居たとかw
Posted by ゆこむし at 2014年10月11日 11:55
やはり菅生の滝周辺にはカッパ伝説があるのですね。三谷昔語りにも書かれていないようなので一度調べてみたいです。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2014年10月12日 23:46
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。