苔玉

2014年09月23日

奥さんのリクエストで久しぶりに苔玉を作りました。
奥さんのリクエストは小型のクリスマスツリー用の
苔玉で針葉樹のゴールドクレストの小苗で作りました。
苔玉というのは山野草や小品盆栽を丸い苔で根の部分
を包んで作ります。盆栽の技で「根洗い」というのが
あります。草盆栽を長期間鉢で栽培して根が回った状
態で鉢から抜きそのままの状態で観賞するものです。
鉢に植えたものより一層自然な感じが楽しめます。また
長期間の間に表土の部分には大抵苔が自然発生していて
これも見どころになります。この根洗いの状態を人工的
に作って洗いの部分を玉状にして苔玉です。
作り方は簡単で、自分の好みの素材を盆栽用のケト土と
いう田圃の土のような粘土状の土に小粒の赤玉土と園芸
用の用土を1:1:1で混ぜて作ります。この土で素材
の根の部分を包んで球状に形を整えます。最後に玉の表
面をハイゴケなどで包み、黒いミシン糸などでぐるぐる
巻きにして出来上がりです。
メンテナンスは苔の表面が乾いてきたらポチャンと水につけ
て引き上げればOKです。作ったら1週間くらいは風通し
の良い明るい日陰で養生してから部屋に入れると良いです
。部屋で観賞するのは1週間くらいでローテーションする
といいと思います。


苔玉

クリスマス用の苔玉です。根が落ち着いたら枝を剪定してミニチュアで飾るそうです。


苔玉

常緑低木の万両と小型の姫イヌタデの白花で合わせました。


苔玉

金水引と立浪草です。苔玉を作るときケト土を」直接手で触れると手が荒れることがありますので
調理用の薄いビニール手袋を使うと良いと思います。


同じカテゴリー(クラフト)の記事画像
小麦の収穫2020-1
篠笛用の篠竹を採取
レモングラスのお正月飾り
漆塗りの盃
久々の肥後守の登場
篠笛の改良(篠笛6)
同じカテゴリー(クラフト)の記事
 小麦の収穫2020-1 (2020-05-08 21:06)
 篠笛用の篠竹を採取 (2020-01-16 19:14)
 レモングラスのお正月飾り (2019-12-31 20:52)
 漆塗りの盃 (2019-02-08 21:27)
 久々の肥後守の登場 (2018-10-02 19:24)
 篠笛の改良(篠笛6) (2018-09-25 19:04)

Posted by メドウおじさん at 17:20│Comments(4)クラフト
この記事へのコメント
盆栽は父がたくさん作ってました。
(仕事が庭師なんで当たり前ですねw)
父も義父も、蘭が好きだったので、セッコクと
寒蘭を育ててみることにしました(^^;
うまく育つかなと。
Posted by ゆこむし at 2014年09月25日 00:52
私は苔玉は作ったことないので、ケト土も知らなかったです。
なるほどそんな風に作るのですね・・・
クリスマス用の苔玉との事ですが、ミニチュアで飾られたのを
ゼヒ見せて頂きたいので、
もしよろしけば後日のアップをリクエストさせて下さい!
Posted by チョコミント at 2014年09月25日 06:42
ゆこむしさん、寒蘭は縦のラインがすっきりとして凛とした雰囲気があり古武士のようです。セッコクは母の代からのものが大株になって金木犀の木に着生していて春には良い香りの花がさきます。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2014年09月25日 18:55
チョコミントさん、苔玉は久しぶりに作ったのでうまく根付くかちょっと自信がありません。本当は春に作るのが一番いいんですけどね。ツリーが出来たらまた報告しますね。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2014年09月25日 18:59
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。