一番茶葉で紅茶づくり2020-2

2020年05月02日

昨年何回か行った紅茶づくりは発酵が
安定せず発酵が弱く満足できなかった
ものが多かったので、今回は十分すぎ
るほど発酵させたのですが少し度が過
ぎたようでダージリンのファーストフラッ
シュどころか夏紅茶のセカンドフラッシ
ュより発酵が進んで過発酵気味になり
ました。紅茶としての色合いや味は満足
できましたが香りが発酵のし過ぎで飛
んだ気がします。発酵をどこで止めるか
、結構難しいところです。今シーズンは
一番摘み茶葉でもう一回ぐらい少量で
すが作れそうです。次回は発酵を良く
見ながら香りを多く残すように作りたい
と思います。あと先日仙人茶用に桜の
新葉を摘んだのでこれで発酵茶を作っ
ています。桜葉茶ですね。

当ブログではワークショップ用に様々
のプログラムを開発中でその内容を
記事にしてブログで公開しています。
読者の方で自分でもやってみたいと
か、ここがよくわからないとかが、あり
ましたらお気軽にメールかコメントを入
れてください。私のわかることは何でも
お伝えします。




十分すぎるほど発酵しました



発酵を止めるために焦げないように(80度以下)で加熱乾燥させて
出来上がりです


今回の紅茶です  

Posted by メドウおじさん at 19:50Comments(0)和ハーブ