019~20秋冬野菜作り総括

2020年04月26日

昨シーズンの秋冬野菜作りの一番の特徴
は協生農法の畑の1/2は施肥(有機肥料
を少量畑の上に草木灰と一緒に播きました。
これで厳密には協生農法ではなくなりまし
たが、どうしても冬野菜の(大根、白菜など
の浅漬けが食べたくてやむを得ず方向転
換しました。)おかげで何度も乳酸発酵した
美味しい漬物を頂きました。私の漬物のポ
イントは自作の100%天然海水塩を使う
事です。野菜は残念ながら100%自然の
生命力の協生野菜ではありませんが自作
水塩のおかげで完全ミネラルバランスの
とれた漬物を摂ることが出来ました。後の
半分の畑では協生農法でエンドウ豆と菜
花を作りました。菜花は小さいながら何度
も収穫できたのですがエンドウは予想外
の暖冬で早く成長しすぎて逆に何度か来
た遅霜の寒さで大半が枯れました。わず
かに残った遅植えの株に少量実が付い
ていますが昨年に比べると大不作です。
協生畑では無理な野菜は止めて山菜、
薬草、ニラやノビル、ラッキョウの多年
ネギやキクイモなど無理なく育つものを
当面は育てます。(時期が来て葉野菜、
実野菜が育つのをじっくり待ちます。



私の畑の全景です。奥の小麦とソラマメのゾーンは施肥しています。
(野草もしっかりと育っています)



小麦とソラマメです。少量の肥料ですが効果はすごいです。



ここは協生野菜のゾーンです。菜花が少量育ちました。できるだけ種を自家採種して
この環境にあった野菜を育てる方向にもっていきたいです





協生ゾーンに移植したオオバコとハハコグサです。順調に増殖してくれると良いのですが。



無肥料でも育ってくれることを期待しているハヤトウリです。


芽の出かかっている部分を地上に出して植えこみます。
実はやがて分解されて自然の肥料となるはずです。


  

Posted by メドウおじさん at 22:00Comments(0)協生農法 協生理論

2019~2020薪活最終回?

2020年04月26日

福岡県北部の北九州・東谷もやっと昼間
暖かくなりましたが朝晩はまだ少し寒い
ので短時間ですがほぼ毎日薪ストーブに
火を入れています。今シーズンは2月に
乾燥薪が枯渇して慌てて比較的乾燥し
た倒木薪を裏山から調達して乾燥して
使っていましたが本日今シーズン最後
薪づくりをしました。これで五月の連休
明けまで朝晩の寒さも心配ありません。
先日から町内のある方から大量に栗の
剪定枝を頂いたのでそれを薪棚に収納
しましたがまだ半分以上あるのでこちら
は薪小屋の方へ移動させます。これで
今シーズンの薪活もほぼ終了です。
今回集めた栗の薪は再来年シーズン
用なので来シーズンは乾燥した倒木
薪と建築端材をしっかりと集めたいと
思います。

今回作った倒木原木の薪です。倒木は比較的乾燥しているので、
雨の当たらない場所で1ヶ月乾燥させれば使えます。
 


日中は良いのですが朝晩はまだ冷えるので火を入れています


  

Posted by メドウおじさん at 08:30Comments(0)薪ストーブ