七草菜飯

2020年04月19日

木の芽山菜が次々に食べごろになっています。
今日はマユミの新芽を中心に菜飯で使える野
草を加えて菜飯を作りました。素材はマユミ、
ミツバ、セリ、シャク オオバタネツケバナ、ナル
コユリ、オニタビラコの七草です。マユミは木の
芽でコクのある味わいが特徴で天ぷらにしても
美味しいです。他の野草はせり科の涼やか
な香りのものとくせのない野草で合わせました。
出汁は日本酒、醤油、白だしを1:1:1で作りま
す。お湯でさっとゆでて流水で荒熱をとったら
細かく刻んで出汁と合わせ白ご飯に混ぜて
出来上がりです。この日はもう一品、猪肉と
ユキノシタの炒め物を作りました。味付けは
焼き肉のたれですが豆板醤を加えて味の深
みを引き出します。このお得意のパワーフー
ドでコロナ退散といきたいところです。



今回使用した山菜です。真ん中がメインのマユミ(木の芽山菜)です。 



完成した菜飯の素と出汁です


今回のパワーフードの素材です。猪もも肉とユキノシタです


本日の仙人夕食の完成です


  

Posted by メドウおじさん at 19:52Comments(0)山菜食べ物