早春の庭花

2020年02月23日

福岡県は昨日春一番が吹いて本日は春の日差し
を感じることが出来ました。庭もそろそろ春の足音
が聞こえています花木なら梅、椿、もう終わりかけ
の蝋梅、マンサクも咲き始めました。木下にはこぼ
れ種で殖えたクリスマスローズが花盛りです。
水仙は表と裏の年が交互ですが今年は当たりの
表年です。水仙は昔ながらのニホンスイセンです。
香りが良く冬の寒い盛りから咲いてくれる花期の
長い花です。花は綺麗なのですが一つ困るのが
スイセンの幼株はニラやノビルとよく似ていること
です。球根をはじめ、葉や全草に毒があり最悪だ
と死亡事故も発生しています。一重のニホンスイ
センは種でも増えるので畑の隅にスイセンの幼株
育っていたので庭に移植しておきました。この
ブログでは摘み草採取を良く取り上げますが毒草
の情報も積極的に発信するので、摘み草をされる
方はご注意ください。 



白梅が花盛りです。



椿の花もピークです。今年は枝変わりが咲きました。



クリスマスローズは毎年よく咲いてくれます。



スイセンも今年はよく咲きました。


  

Posted by メドウおじさん at 19:00Comments(0)季節の花