乾燥不十分な薪の緊急対応

2020年02月15日

今シーズンは煙突のメンテナンスをしたのでスト
ーブの調子が良くてことのほか気前よく薪を使っ
ていたら、ここにきて乾燥十分な薪が底をつい
てきました。薪は1シーズンから2シーズン雨水
にさらさず乾燥させたものがベストなのですが
今、残っているのは少し乾燥が足りません。乾燥
不足の薪を燃やすと水分の気化熱で炉内の温
度が上がりにくくなかなか温まりません。また不
完全燃焼しやすくなりススが貯まる原因にもなり
ます。とはいえまだまだ寒い日が多くストーブなし
の生活は考えられず3つの緊急策でしのぐことに
しました。一番簡単なのは今シーズンは薪ストー
ブをあきらめてエアコン暖房か石油ストーブを使
う事です。二番目は薪不足を補うために木炭の
炭を一部使用することです。強い炭の発熱で乾燥
不十分な薪の水分を一気に飛ばし乾燥させて燃
やします。ただし鋼板製のストーブの一部は炭の
発熱に耐えられない場合があります。使用する
ときは炉内の底に最低でも灰を5cm以上の厚
さで敷きます。木炭の使用は少なめにして1個か
2個で押さえます。また炉内の天井、壁には絶対
に直接接触させないようにします。ここまで注意
しても個人的にはお勧めしませんが私のストー
ブは炉内を耐火煉瓦などで覆われているので緊
急用として使いました。
三番目は乾燥不十分な薪はストーブの天板の上
で乾燥させます。見栄えは良くありませんが三晩
使用中の天板に置いていくとかなり乾燥して使え
るようになります。(日数は薪の状態で変わります)
私はもっぱら三番目の方法でしのいでいます。来
シーズンは今期の反省を踏まえ十分な量を確保
します。


乾燥不十分な場合、天板上で乾燥させて使います。



薪の代りに炭で代用します。ただ、いろいろ不都合な点もあるのであまりお勧めしません



石油ストーブもお手軽で良いのですがどうしても着火時と消火時の臭いがきついので
本当の緊急用で使っています。
  

Posted by メドウおじさん at 20:41Comments(2)薪ストーブ