東谷要覧解説9(主編(五)から(六)

2020年02月13日

主編の2回目です。今回は(五)から(六)で人情・
風俗、戸数・人口で(五)の人情風俗に次のような
記述があります。
旧藩時代より金・銅の採掘業があり明治になり銅
山業の復活や石灰岩採掘で労働者の移入もあり 
「これらの影響のため他の山間地に比して
文化程度の進みたるに比例して比較的農村として
の純朴さを欠ける嫌なきにあらず。されど村全体を
通ずるときは農村としての特質を失わず」

と書かれています。中々言い得て妙で今に通ずる
東谷人の気質を表しているようです。戸数・人口は
大正12年末の調べで戸数753、人口男女合わせ
て4183人となっています。ほぼ100年後の現在
人口は当時とほとんど変わらない状況でほぼ足踏
み状態です。近隣の旧企救町や曾根村が大きく発
展しているのに比べると後れを取っているのは否
めません。逆に言えば古きよきものも多く残ってい
るという事でこれからはこれをうまく生かすことが
大事な気がします。





上のサムネイルをクリックしていただくと拡大版がご覧いただけます
 
  

Posted by メドウおじさん at 20:41Comments(0)東谷(北九州)の紹介東谷要覧