ラッキョウの醤油漬け

2019年10月22日

今年は何度か野生のネギ類の醤油漬けを作りました。
ニラ、ノビル、ラッキョウです。ニラはニンニクの軽い香り
が移り、ノビルはネギ香が強いです。ラッキョウはニラと
ノビルを足して二で割った感じでバランスが良く私は一
番好みです。野生のラッキョウは小指の先ほどの球根
で甘酢に漬けるには小さすぎますが無施肥の野生状
態で育ったラッキョウは辛味も弱く生でも齧れるほどで
す。ラッキョウはニラやノビルと違って野生状態で育っ
ても種が出来ないので分球でしか増えないため一度
に大量の苗を作ることはできませんが、分球する力が
強いので数年のうちには結構株が大きくなるので一度
に全部収穫するのではなく一部残すのがいいようです
。普通葉の部分は食べませんが、ノビルやニラ同様
葉も一緒に漬け込んで食べます。一日に球根を三粒
も食べれば玉ねぎの生サラダ同様、血液の浄化作用
にいいようです。


蕾が出来た野生ラッキョウです。栽培品が逃げ出し野生化したようです。
遺伝子が3倍体なので花が咲いても種はできません。



小指の⒮基ほどの小さな球根ですが生でも齧れる美味しさです。



醤油に漬け込んでいただきます。醤油は地元の山家醤油の「峰」です。
  

Posted by メドウおじさん at 16:58Comments(0)山菜