福知山系の水2

2019年10月10日

私の住む東谷地区は東は平尾台、貫山系と西は
中谷との境の福智山系の西端に挟まれた谷あい
で中央を紫川支流の東谷川が流れています。
東谷の地下水の水質は東谷川の東岸と西岸で
大きく異なります。東岸地区は石灰岩の山塊の
平尾台を水源とするためミネラル分の多い硬水
系です。。一方の西岸地区は福智山系の端に
当たり軟水系の地下水です。
東谷の造り酒屋の無法松酒造さんではこの軟水
系の地下水を仕込み水に使っておられます。旧
322号線山ヶ迫の信号機を小倉側から来ると左
折して東谷川の橋の手前に有料ですが仕込み水
の無人販売所があります。この水でコーヒーを入
れたりご飯を炊くとおいしいと評判で遠方から
わざわざ汲みに来られる方も多いです。東谷の
お米はこの平尾台山系のミネラル水と福智山系
の軟水のバランスが良く美味しいと言われます。

東谷川西岸の福智山系の山並です。



後ろの山並みが東谷川東岸の平尾台です。

         

  

Posted by メドウおじさん at 20:12Comments(0)東谷(北九州)の紹介