慣行農法の秋冬野菜

2019年10月09日

今年の秋から畑の畝の一部で従来型の慣行農法
の葉物野菜を育てています。今、第一陣で蒔いた
種が発芽して本葉が展開を始めたところです。野
草は地際で刈り取り有機の施肥を行いました。発
芽成績は極めて良かったのですが予想通りその
後は虫の総攻撃を受けています。お隣の畑では
農薬を使用しないで代わりにトンネルを作り布で
全体を覆って虫からの被害を防いでいます。私
はそこまで手がかけられないので野菜の成長が
虫の攻撃にどこまで耐えられるか見守っていま
す。虫に食べられる分を考慮してかなり多めに
種を撒いています。畑で施肥を行った畝と無施
肥の畝で全く同じ条件で育てています。発芽の
状況はほぼ同じですが無施肥の畝は虫害が少
ないと予想しています。今後は同じ無施肥の畝
で野草の多く残している場所と少ない場所での
違いも見ていく予定です。今後どうなるか楽し
みです。


第一陣の秋冬野菜です。施肥した場所で育てていますが蒸しの攻撃にあい
ボロボロです。そろそろ虫も活動が弱まるので何とか立ち直りを期待しています。



施肥をした場所に播いた第二陣です。



こちらは無施肥の場所です。今のところは施肥した場所と比べてもほとんど
差がありません。

  

Posted by メドウおじさん at 18:57Comments(0)