コーヒーベルト

2019年09月01日

コーヒーはマメ科の常緑低木で完熟した果実の種の
部分を焙煎して利用します。産地はおもに熱帯から
亜熱帯にかけて赤道を挟んで北回帰線と南回帰線
に挟まれたエリアをコーヒーベルトと呼ばれます。
このコーヒーベルトの北端に沖縄や小笠原があり
ます。ここではごく少量ながらコーヒーの木が栽培さ
れています。機会があれば是非賞味したいものです。
珈琲豆の種類
今飲まれているコーヒー豆の60%はアラビカ種で残り
がほぼロブスタ種です。それぞれの豆は産地や農園
毎に亜種や変種があり味が異なるほどコーヒーは多
様性があります。アラビカ種は酸味と花のような香り
でコーヒー独特の味と香りがのバランスがいい豆です
が栽培は難しく、気候風土も選ぶ種類です。単独で
味わうストレートコーヒーやスペシャリティーコーヒーと
呼ばれる稀少なコーヒーはみなアラビカ種です。
一方のロブスタ種は苦みが前に出る単調な味と言わ
れますが丈夫で栽培も容易でブレンドコーヒーやイン
スタントコーヒーのベースに最適です。



  

Posted by メドウおじさん at 18:17Comments(0)その他