桑(クワ)

2019年07月01日

桑の木はカイコの食草(木)として有名です。古くから
農家さんの屋根裏部屋などで生糸の繭を採るために
桑葉を与えて飼育してきました。現在はその数は激減
していますが今も高級な絹織物の素材としての生糸を
作るのに欠かせません。福岡の香椎に住んでいた時
近くに九大の桑の研究農園がありました。毎年秋にバ
ッサリと強剪定しても翌春には数多くの新芽を出して
勢い良く成長していたのを思い出します。最近ではカイ
コのえさとしてよりマルベリーと呼ばれる果実の人気が
高いようです。果実用にはオオミグワと呼ばれる品種改
良されたものが主ですが、昔ながらのヤマグワなど野
生種も小さいながら紫色に完熟した実はとても甘くおい
しいものです。子供のころに学校帰りに完熟した実を口
いっぱいに食べていたことを思い出します。我が家にも
オオミグワはあるのですがここ数年、菌核病で実が付き
ません。それで果実は縁がありませんが、漢方にも使わ
れる桑葉でお茶を作っています。桑葉には血糖値を下げ
る成分や血圧を調整する成分があることから古くからお
茶として利用されています。私も最近、血圧と血糖値が
高めなので今年から本格的に利用したいと思っていま
す。直血糖値のコントロールにはイヌリンを含むキクイ
モが良いので今年の冬はキクイモと桑葉茶のダブルで
利用を考えています。


桑の木です



桑の葉茶に使う桑(左)と一緒に合わせる柿の葉(右)です。
  

Posted by メドウおじさん at 21:19Comments(0)和ハーブ