春野菜総括2019-2(葉野菜・根菜)

2019年06月04日

葉物・根菜はホウレンソウ、小松菜、大根、カブ、ニンジ
ンなどを育てました。今年は種まきのタイミングを何回
かに分けて播いたり密植播きしたりと工夫しましたが
どれも発芽率は良いもののその後の成長が悪く葉物
は地上高20cmに満たない高さで成長が止まり収穫
できませんでした。成長が止まったまま、春になり小さ
な花を咲かせてそれで終わりです。前向きに考える
なら小さいとはいえ花が咲き少数ながら結実し種が
出来たことは半歩前進ともいえます。農薬を使わない
ことは野草と密植協生することで、特に虫害は0とは
言いませんがほとんど実害のないレベルでした。肥
料なしで野菜を育てるには協生理論では樹木や竹
や多年草のエネルギーをうまくとりいれる(一緒に育
てる)ことですが借り地なので樹木を植えれないので
来年は多年草と豆類の残存エネルギーをうまく利用
することを考えたいと思います。食用・薬用で使える
野草の導入もミツバ、ゲンノショウコ、ノビル、ラッキョ
ウなどはうまくいきましたがその他はうまくいきません
でした。懲りずに今シーズンも引き続きチャレンジして
いきます。



密植播きしたグリーンレタスです。結果は葉が5cmほどのミニサイズのものしかできませんでした。



野らぼう菜の幼株です。結局食用サイズには育ちませんでした。トウ立ちするまで育て
少数の種を採取したのでまた再チャレンジです。



アブラナ科の野菜でしたがミニサイズのまま花になりました。



他の野草と密植混成した小松菜です。この部分ではかろうじて10cmサイズの葉になり何とか
サラダで食べました。



ニンジンと絹サヤエンドウです。ニンジンは葉は食用サイズになりましたが肝心の根部は
鉛筆サイズより細いものでした。


  

Posted by メドウおじさん at 20:51Comments(0)協生農法 協生理論