協生春野菜2019総括1

2019年06月03日

2019年春シーズンの野菜が終わったので結果を大ま
かに残しておきたいと思います。
1、豆類
スナップエンドウと絹サヤエンドウ、とソラマメを作りま
した。結果はエンドウは成功でソラマメは途中まで順
調だったのですが実が大きくなりかけたときに猿害に
あい、株の下から2段目までの一番大きい豆をほとん
ど食べられてしまいました。結果はごくわずかしか食
べることが出来ませんでした。エンドウは4月上旬から
5月GW明けまでほぼ毎日家族で食べきれないほどで
きたのですが猿害でソラマメは散々でエンドウは害を
免れました。理由は豆が大きく成長し実が入り始めた
ときに雨風で株が倒れた結果、猿が豆を株をかき分け
て探すことが出来ず、無事でした。エンドウは普通支
柱を建てて育てます。こうすると豆の収穫が楽ですが、
猿が出没するこの地域では猿にとっても収穫しやすい
格好のえさ場になってしまいます。株が倒れると一見
鞘を探すのが大変そうですが、豆は株の下から順に
成長するのでそれほど大変でもありません。むしろ
猿害を防げるので来年もこの方式でいこうと考えて
います。もう一つうまく言った理由は野草と一緒に
育てたことです。特にカラスノエンドウなどマメ科の
野草と一緒に育ったところは成長が良かったようで
す。マメ科雑草の根粒菌効果があったのだと思い
ます。

エンドウ豆は支柱を建てないとある程度成長すると雨風でこのように
倒れてしまいますが、猿害を防ぐにはむしろカムフラージュになって好都合でした。

  

Posted by メドウおじさん at 19:40Comments(0)協生農法 協生理論