門司往還

2015年10月19日

往還とは昔の街道などで特に人の行き来が多い道の事で
北九州だと小倉~大里間が門司往還と呼ばれていました。
これは私の想像ですが大里が宿場として栄えたのは京、
大阪、江戸への船旅の起点となったからだと思います。
紫川河口も昔の絵図などを見ると港として整備されて
はいましたが近くに砂津という地名があるように砂の
堆積した遠浅の海岸だったようで大型の和船は停泊し
にくかったのだろうと思います。大里宿が起爆剤にな
ってその後の明治、昭和前半の門司港の発展につなが
ったのだと思います。門司港は衰えたとはいえ、新門
司を含めると今も九州で有数の貿易額です。また門司
港レトロ街は観光資源として定着していますが素通り型
観光が主体で宿泊型にならない点が苦戦しています。
世界遺産などと連携した新たな観光プログラムが必要
だと思います。



門司往還の起点もここ、常盤橋からです。



門司往還は常盤橋の東正面の京町商店街を通っていました。



京町商店街を抜け平和通りを渡り井筒田コレットの前に進みます。




井筒屋コレット前の歩道に門司往還のルートを示す銘板が埋め込まれています。





往還道はコレットの中を東に進みます。





東口を出たところに説明版が設置されています。サムネイルをクリックしていただくと説明が読めます。



正面の道が門司往還道です。


  

Posted by メドウおじさん at 19:14Comments(2)東谷(北九州)の紹介