石原町駅開業100周年

2015年10月13日

先日日田彦山線が開業100周年を迎えたことを書きました
が石原町駅も同時開業ですから100年になります。残念な
のは特別なイベントがないことです。香春町の採銅所駅は
駅舎で開業100年記念の写真展をこの秋に行うそうです。
このままではあまりに寂しいので、このブログで石原町駅
を写真でご紹介したいと思います。石原町駅は旧小倉鉄
道、石原町駅として1917年、(大正4年)4月1日開業しま
した。現在はすべて小倉駅で発着していますが正式には
城野駅が起点です。
旧小倉鉄道は現在は貨物専用になっている東小倉が起点
で大畠の旧小倉炭鉱を通り城野駅を経由して田川方面へ
通じていた名残りと思います。東小倉~城野までの旧小倉
鉄道跡は興味深いので一度しっかり取材したいと思ってい
ます。




以前親切な駅員さんが対応してくれた窓口も閉まったままです。味気ない
自販機が置かれています。





天井の装飾もレトロで趣があります。



改札口横には無人化のお知らせ看板が立てられています。





長くて立派な3線式ホームがかつての石原町駅の隆盛を伝えてくれます。


昨年まであった踏切近くの踏切小屋です。今はもう、撤去されました。



駅の掲示板に貼られていたお隣の呼野駅のかつての写真です。今はもう駅舎は解体されてありません。
写真は北九州の今昔という写真集です。












石原町駅の桜並木です。列車との取り合わせが絵になります。  

Posted by メドウおじさん at 21:16Comments(4)勝手に近代化遺産東谷(北九州)の紹介