エビヅル2015

2015年10月01日

エビヅルは野生のブドウでヤマブドウが自生しない
九州では数少ない食用になる野生のブドウです。
ノブドウと同じように比較的よく見ることが出来
東谷でも珍しい植物ではありませんがノブドウと違
って雄株と雌株がある雌雄異株です。実は雌株に付
きますが雄株と比べると数が少ないように思います。
また株がかなり大きく成長しないと実が付かないよ
うで実の付く株はそう多くありません。また野生種
の特徴なのか収量が一定しません。里の周辺では
ツルがはびこるつる雑草として扱われ幼株のうちに
刈り取られることが多いようです。味も本州のヤマブ
ドウに比べると今一なのも邪険に扱われる一因かもし
れません。私は甘酸っぱい味は好みで何とかこれで
ジャムを作ってみたいのですがジャムにするほど採集
できないのでせいぜい果実酒を作るぐらいです。
エビヅルのアントシアニンが溶けだした果実酒は見た
目もきれいで楽しめます。


完熟したエビヅルの果実です。ヤマブドウより一回り小さい7mmほどの大きさです。



今回の収穫分です。ジャムには足りないのでエビヅル酒(果実酒)にします。



ホワイトリカー≪35度)に氷砂糖と一緒に漬け込みます。お正月頃から飲むことが出来ます。



エビヅルの大株ですが上の方は収穫できません。たぶん10年物の株です。
里近くにある雌株なので切られないことを祈りたいです。


  

Posted by メドウおじさん at 22:03Comments(2)食べ物果樹