マンドリンクラブ入部のいきさつ

2014年09月04日

入学した当時の私は穂積荘という椹野川沿いの
一人三畳一間で50人くらい学生のいる下宿で
した。
ここは新入生が多いという事で毎日夕方になる
と多くのクラブやサークルが勧誘によく来てい
ました。そのころ私はアーチェリー部に入りた
いと思っていて勧誘に来たら入部しようと思っ
ていましたが何故かアーチェリー部は来ません
でした。そうこうしているうちに小学校から同
級生だったU尾君が学内で文科系のクラブ紹介
があるので一緒に見に行きました。当日は音楽
系のクラブ紹介をやっていました。この日が私
とマンドリンの初出会いで大げさに言うとその
後の私の人生に大きな影響を与えた出来事でし
た。当時の私は音楽にはほとんど興味がないば
かりか幼稚園の時に習ったオルガンが弾けずに
挫折したトラウマもあり楽器関係はできるだけ
遠ざけていたくらいでした。そんな具合でオケ
や合唱のクラブ紹介をぼんやりと聞いていた私
でしたがマンドリンクラブの演奏が始まるとよく
漫画で見るガーンと後頭部を一撃されたような
衝撃に襲われました。トレモロの軽快な響きも
良かったですがそれよりなによりもマンドリンを
小脇に抱えて演奏する女性の先輩の姿に見とれ
てしまいました。いわゆる一目ぼれ状態でした。
私とU尾君はさっそく入部手続きに行ったので
すが私の人生の方向に大きく影響を与えた一瞬
でした。
今考えると音楽性には全く関係のない多少不純
な動機でしたが言い訳をするならその後数々の
マンドリン音楽の名曲に触れながら次第にその
魅力に引き込まれました。そしてヘタながら一
生懸命練習に取り組みました。
さらに後日談を告白するなら私が一目ぼれした
先輩の女性にはもう、同じクラブの先輩の彼氏
がいらして私の一目ぼれは一瞬にして散ってし
まいました。
よく人生で必要なことは全部小学校で学んだと
言いますが私には「社会人としての基礎は全部
マンドリンクラブで学んだ」と自信をもって
言えます。それぐらい大事で密度の濃かった4
年間でした。



部内の発表会です。不純な動機(笑い)で入部した私ですが、その後は自分なりに
頑張りました。
  

Posted by メドウおじさん at 20:39Comments(6)山口