クロモジ

2013年06月13日

クロモジは早春を彩る黄色い花木として、また、その枝は
爪楊枝の材料で使われます。和ハーブとしての効能が高
いことを最近知りました。農業雑誌の「現代農業」特選シリ
ーズ6、「野山の薬草」というムック本です。本によると
クロモジはその芳香成分が健胃、抗菌、消炎作用がある
そうです。煎じて飲むと効果も高いそうですが、煎じるの
は結構手間がかかるのでお手軽にお茶にして飲むのが
楽チンだと思います。春咲の新芽を天ぷらにしましたが
クセもなく食べやすかったです。飲むのはちょうど今時分
から夏にかけ成長した葉を乾燥させて使います。今乾燥
中なので出来上がったら味の方をまた報告します。
クロモジは全国の山林に生える落葉低木ですが特に
特徴がなく同じような雑木はいろいろあるので採集する
には春先に花が咲いた時に目安をつけておくといいと
思います。



春先のクロモジの花です


今時のクロモジの葉です。

葉を摘み取って乾燥させてお茶にします。



身近な野山の薬草の説明がわかりやすいです。
付録のDVDも使いやすいです。

  
タグ :クロモジ


Posted by メドウおじさん at 20:15Comments(2)和ハーブ