八幡製鉄所・紫川ポンプ場

2012年09月10日

先日TVで九州・山口の近代化産業遺産で世界遺産
登録を目指す運動を紹介していました。TVでは大牟田
の活動を紹介していました。福岡県ではそのほかに中間
市、北九州市があります。北九州市は東田の製鉄所跡と
旧本事務所が候補だそうですが、今一PRが弱い気がして
います。
北九州市にはこのほかにも数多くの近代化に関する遺産、
遺跡が多いのでぜひ運動が盛り上がってほしいと思って
います。今回は八幡製鉄所の紫川ポンプ場です。
国道3号線を門司方向から紫川を渡ってすぐ左手に赤レン
ガの平屋作りの倉庫のような建物が見えます。八幡製鉄
のポンプ場で今も現役で稼動しています。
八幡製鉄所のポンプ場は他には中間の遠賀川ポンプ場が
あり、どちらもそのデザイン性も含め大変価値の高い建物と
思っています。ぜひ世界遺産登録になってほしいです。


紫川ポンプ場です。内部は現役で稼動しています



以前紹介した中間のポンプ場です。こちらも現役です。
それにしてもなんともいえないアンティークな美しさがあります

  


Posted by メドウおじさん at 18:08Comments(2)勝手に近代化遺産