コマツナギ

2012年08月21日

マメ科のコマツナギが木下の横山のあぜ道横の土手に
咲いていました。コマツナギは「駒つなぎ」つまり
馬をつないでいた木という意味があります。自由に
成長させると1,2mの高さになる低小木ですが
土手を定期的に草刈をしているせいか高さ4,50
cmに剪定されています。夏の花木として和風の庭
には合いそうです。

コマツナギは花だけ見ているとルピナスのようです。

早稲種の稲がもう黄色く色づき始めています。
早稲種は9月の上旬に、中生種は9月下旬に晩生種は
10月中旬に稲刈りされます。


タグ :コマツナギ

同じカテゴリー(季節の花)の記事画像
庭の紅葉2018
西南学院大学キャンパスの植物
アジサイ2018
金銀花酒の季節
山野草2018-2
春の山野草
同じカテゴリー(季節の花)の記事
 庭の紅葉2018 (2018-11-30 21:14)
 西南学院大学キャンパスの植物 (2018-11-25 20:52)
 アジサイ2018 (2018-06-24 20:24)
 金銀花酒の季節 (2018-05-21 20:53)
 山野草2018-2 (2018-05-12 21:54)
 春の山野草 (2018-04-15 21:17)

Posted by メドウおじさん at 12:00│Comments(2)季節の花
この記事へのコメント
ルピナス、大好きです。
「ルピナスさん」という絵本を見て、いい花だなぁと惚れ込みました。

コマツナギさんはルピナスさんに本当にそっくりですね~。
きれいですね~。
Posted by komorebigarden at 2012年08月22日 18:53
マメ科の植物は発芽率とその後の生育がよいものが
多いので秋になったら種を少し頂戴しようと思っています。
あまり邪魔にならないように庭に植えてみたい種類です。
Posted by メドウおじさんメドウおじさん at 2012年08月23日 19:22
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。