長行の夜鳴き石

2011年12月23日

国道322号線の長行き信号から蒲生へ抜ける道で長行小学校の
先に大きな楡の木道端に植えてあります。何かご神木のような感じで
以前から気になっていたのですがここには長行の夜鳴き石があります。
この石は昔小倉城の石垣に使う予定で運び出したところ作業の人扶さん
たちがつぎ次に高熱で倒れたり夜になるとすすり泣きの声が聞こえたり
とミステリアスな言い伝えが残っています。
結局石垣には使用せずに今の場所に留め置かれたものです。実際の正体は
不明ですがその形から石棺の蓋に使われたとか、ドルメンの一部だとか
言われていますがはっきりしたことはわかりません。
この場所にはほかにも六地蔵や忠魂碑などもあり地元の方の信仰の場に
なっています。







同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事画像
道原ガーデン
篠笛2
篠笛1
梅雨末期の大雨状況
梅雨の合間の晴れ間
ホタルの復活
同じカテゴリー(東谷(北九州)の紹介)の記事
 道原ガーデン (2018-08-21 21:52)
 篠笛2 (2018-08-03 21:35)
 篠笛1 (2018-07-25 20:56)
 梅雨末期の大雨状況 (2018-07-08 11:26)
 「日本航空界の開拓者 河内一彦さんの生涯」、記念講演のお知らせ (2018-06-18 20:21)
 梅雨の合間の晴れ間 (2018-06-12 19:14)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。