セメント鉱山引込み線跡

2011年12月21日

約40年前、九州一の貨物取扱量を誇った石原町駅の栄光を
支えたのがこの引込み線跡を通っていたセメント貨物でした。
木下の亀の甲辺りの日田彦山線から別れ、市丸を経由して
住友鉱山、三菱鉱山まで通っていました。
今は廃線になって一部を除いて線路も撤去され草が覆っています。
土地の所有は今もJRのようで定期的に草刈も行われているようです。
本線から分岐して約100mほどなぜか線路が残っています。
ちょうど市丸辺りで旧国道322号を跨ぐので踏切があったのを
思い出します。

セメント鉱山への引込み線跡です。



手前の旧国道に市丸の踏切がありました。



通信設備のようなものが線路跡の脇に残っていました。



ここの引込み線は亀の甲辺りから分岐するのですが一部、古い線路が残っていました。



タグ :引込み線跡

同じカテゴリー(勝手に近代化遺産)の記事画像
昔の町内古地図発見
若松リノベーション(MATERIAL)
九州鉄道茶屋町橋梁
TOTOの食器
足踏みセンバコギ
平尾台の陸軍演習地遺跡
同じカテゴリー(勝手に近代化遺産)の記事
 昔の町内古地図発見 (2018-04-24 19:30)
 若松リノベーション(MATERIAL) (2018-02-28 21:15)
 九州鉄道茶屋町橋梁 (2018-01-05 10:42)
 TOTOの食器 (2017-11-10 19:53)
 足踏みセンバコギ (2017-04-10 21:16)
 平尾台の陸軍演習地遺跡 (2016-12-15 17:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。