夏ミカン、キンコウジのピールの砂糖煮

2019年01月05日

夏ミカンはまだかなり酸味が強いですがキンコウジは今
が旬で食べ時です。もともと水分が少ないミカンなので
食べ時を逃すと水分が飛んでパスパスになってしまい
ます。この時期以降、私は体調が今一の時は夏ミカンの
生ジュースを飲むようにしています。風邪の引きはじめ
や少し疲れたときなどは効果てきめんです。ジュースを
絞った後の皮はいつも廃棄していましたがオレンジや
レモンは皮ごとママレードにできるので夏ミカンで作ると
どうなるか今回試してみました。夏ミカンとキンコウジ一
個ずつを絞って生ジュースを絞ります。次に皮をむき果
実袋と皮に付着している白い部分をスプーンでこさぎ取
ります。白い部分は苦みの素になるのでできるだけ取り
除いた方が食べやすくなりますが私はある程度4苦みが
あった方が良いので適当に残します。後は皮を小さく刻
んで先ほどのジュースを加え、砂糖を加えて煮込んでい
きます。砂糖の量はお好みで結構です。多く加えすぎる
とピールが硬くなるようです。弱火で煮込んでいきジュ
ースが煮詰まってとろみが出来たら火を止めます。出来
上がった夏ミカンピールは甘酸っぱく少し苦い大人の味
でした。









同じカテゴリー(食べ物)の記事画像
猪肉キター
鹿肉ジャーキー作り
よってこ四季犀館(猪肉鹿肉販売処)
岩屋塩2018-2
岩屋塩2018
縄文クッキー2018
同じカテゴリー(食べ物)の記事
 猪肉キター (2019-01-10 21:19)
 鹿肉ジャーキー作り (2019-01-06 21:17)
 よってこ四季犀館(猪肉鹿肉販売処) (2018-12-24 20:19)
 岩屋塩2018-2 (2018-11-27 20:59)
 岩屋塩2018 (2018-11-23 20:42)
 縄文クッキー2018 (2018-11-17 20:36)

Posted by メドウおじさん at 17:36│Comments(0)食べ物果樹
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。