無農薬・無肥料のラッキョウ

2018年12月23日

葉物や大根などの根物は思ったように育ってくれない私
協生畑ですがニラ・アサツキ・ノビルなどの野生ネギの多年
草野菜は順調に育つので昨年はラッキョウを植えてみまし
た。無農薬・無肥料で育てると独特の辛味が少なく生でそ
のままかじることが出来ると私の心の師匠、大塚氏は言う
ので昨年、50球ほど植えました。
ラッキョウは種球を種苗店で普通に購入すると結構な値段
なのでたまたま見つけた土付きの漬物用(食用)のラッキョ
ウを植えてみました。一部は夏越しできなかった株もありま
したが大部分はそのまま成長したので一部を掘り出しまし
た。親玉は消滅していましたが子供の新球が分球していま
した。小粒ですが。さっそくかじってみましたが期待通りの
辛味の少ない美味しい味でした。

掘り出した無農薬・無肥料のラッキョウです。小粒ですが順調に成長してくれました。



上記の写真の分です。根級は味噌を添えて、葉はドレッシングでサラダ感覚で頂きました。ラッキョウは
流化アリルの作用で血液を浄化し血管年令を若く保ってくれます。



同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事画像
アケビとムベの花
エンドウ豆が豊作
コメツブグサ
豆類が順調
春山菜2019
ソラマメの獣害
同じカテゴリー(協生農法 協生理論)の記事
 アケビとムベの花 (2019-04-20 23:16)
 エンドウ豆が豊作 (2019-04-19 22:09)
 コメツブグサ (2019-04-17 21:21)
 豆類が順調 (2019-04-10 20:48)
 春山菜2019 (2019-04-02 20:29)
 ソラマメの獣害 (2019-03-26 19:42)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。